【コキュ太郎自身のNTR体験談】サチコの思い出5

2021年10月21日

くすりエクスプレス

▼前のお話

二人の童貞を筆おろしするサチコ

ベッドの上に乗り、ブルーのパンティ1枚の姿で仰向けに横たわったサチコ。
二人の若いオスの目の前に、欲情をそそる女体が生贄のように横たわります。

サチコ「さぁーて、どっちからするの?じゃんけんでもする?」

M夫「そういえば決めてなかったなぁ・・・よし、K助!じゃんけん1回勝負な!」
K助「おうよ!絶対に勝ってやるからな!」
M夫・K助「じゃーんけーん、ぽん!」

M夫「やりぃー!さっちゃんマ〇コ、一番乗りぃ~、2週間分の精子、たっぷり中出しさせてもらうぜ!」
K助「くうぅぅ~、ちっくしょ~!おいM夫!次は俺なんだから中で出すなよな!気持わりぃだろ」

先に童貞を卒業したのはM夫でした。
憧れの存在だったサチコの肉体でこれから初体験できる喜びに、M夫は天にも登りそうな気分だったことでしょう。

サチコ「K助ちゃん、いいのいいの、M夫君のはちゃんと流してくるから」
サチコ「せっかくの初体験なんだから、思いっきり中で出しちゃいなさい!この2週間我慢して溜めてたんでしょ?M夫ちゃん、遠慮なくサチコの中に出しちゃって!」

M夫「はぁ~い!ごっちゃんでぇ~す。んじゃあ遠慮なく、さっちゃんマ〇コに中出しさせてもらいま~すっ!さっちゃん、俺、この2週間溜めっぱなしだから、精子いっぱい出しちゃうよ!」
M夫「調べてみたんだけど、安全日でも妊娠することもあるんだって、中に残った精子で。俺の精子ドッロドロでさっちゃんマ〇コにへばりつくから、たぶん、さっちゃん妊娠しちゃうと思うよ」

彼らは童貞でありながら、エッチの知識は豊富そのものでした。
こういったセリフを言われると、女性が興奮するということも既に知っていたのです。

サチコ「いやぁん、そんなこと言われたら、また濡れてきちゃったわよ!ンもう、責任取ってサチコを妊娠させてよね!M夫ちゃん!」
サチコ「さっ、いらっしゃい、おねーさんが教えてア・ゲ・ル。あっそうだ、K助ちゃんは撮影よ。記念すべきM夫ちゃんの童貞卒業の瞬間、ちゃーんと撮ってね!」

M夫はTシャツを脱ぎ捨てブリーフ一枚になり、ベッドの上に横たわるサチコに近づいていきます。
そして、サチコと見つめ合いながらチュッと軽くキス。

仰向けの体制でも形が崩れないサチコの乳房。
M夫は左手で乳房を揉み上げるようにして、先端の突起に吸い付きます。

ちゅぱ、ちゅぱ、ちゅっ、ちゅっ

右手は太腿の内側で這いずり回り、やがて指先はサチコの柔らかいオマ〇コを包むクロッチへ。
パンティの上から、中指で割れ目を擦り上げるM夫。

M夫はサチコの乳首にチュパチュパ吸い付いたり、貪るように唇に吸い付いたり。
その間も、割れ目の上でせわしなく動き回る右手の中指。

憧れの女性を目の前に、M夫は飢えた獣のようにサチコに貪りつきます。
生贄のように横たわるサチコの女体の上を、せわしなく這いずり回る卑猥な指先。

M夫の指が割れ目の上の突起をとらえてこねくり回すと、サチコのオマ〇コからは愛液が染み出し、指先をネチョネチョに濡らします。
ブルーのパンティの染みは大きく広がり、サチコの愛液でクロッチの部分は濡れ濡れになっていました。

サチコ「ああぁん、感じちゃうぅ~、K助ちゃん、撮ってぇ~、写真撮ってぇ~!」

パシャ!ジィィィー!

パンティの上からオマ○コを揉みしだかれるサチコの痴態。
写真には、まさにこれから僕以外の肉棒を受け入れるサチコの姿が、ハッキリと写っていました。

サチコ「んんーっ、M夫ちゃん、も、もう、パンティ脱がしてぇ~、来てぇ~」

M夫はサチコのパンティを荒々しくはぎ取ると、丸まったブルーのパンティをベッドの脇に投げ捨てます。
もどかしくブリーフを脱ぎ捨て、サチコの脚を開きながら股間を近づけていくM夫。
サチコは膝を立てた状態で、右手の人差し指と中指を陰唇に当てて開き、ピンク色の中身を披露します。

サチコ「M夫ちゃん、わかるぅ~?この下側の穴に、おちんちん入れるのよ!」
サチコ「慌てなくていいから、ゆっくりと入れてみて。K助ちゃん、M夫ちゃんのが奥まで入ったら撮影よ!」

M夫はガチガチに張り詰めて我慢汁でヌルヌルになった先端を、サチコの濡れそぼった膣口に押し当てます。
そのままゆっくりと腰を進めていくと、ギンギンのペ〇スはニュププッと卑猥な音を立てながら、あっけなく根元まで吸い込まれていきました。

パシャ!ジィィィー!

サチコ「んっ、ああぁーん、かったーい!ああん、いいぃ~」
サチコ「あんっ、M夫ちゃん、童貞卒業おめでとう!どう?初めての感想は?さっちゃんのマ〇コ気持ちいい?」

M夫「うあっ、あったかくて、ぬるぬるしてて、さっちゃんマ〇コ、めちゃくちゃ気持いいぃ~」
M夫「さっちゃん、ホントにありがと!俺、さっちゃんが初めてで良かった~」

【黒人4P×NTR×個人撮影】黒人4P寝取られ!新婚さんいらっしゃ〜い!黒人デカマラ完墜ちギャル新妻22歳が夫の目の前で最強黒人トリオに4Pデカマラ滅多挿し寝取られ乱交中出し3連発!

サチコ「えへへっ、どういたしまして!M夫ちゃんのチンチンも、童貞さんの割にはすっごく気持ちいいわよぉ~、あんっ!」
サチコ「ううぅ~ん、ジッとしてたら我慢できなくなっちゃった。M夫ちゃん、おちんちん動かしてみて」

M夫のペ○スは破裂しそうなほどに膨張していて、膣内の圧迫感がすごかったそうです。
これから二人を筆下ろしすることに興奮してオマ○コを濡らしていたサチコは、入れられただけでイッてしまいそうになりました。

ゆっくりとピストンを始めるM夫。
二人の結合部からは、ヌチャヌチャと粘っこい音。

M夫「うわっ!ナニコレナニコレ!なんかいっぱい絡みついてくるっ!」
M夫「どうなってんの、コレ?女の人ってみんなこうなの?」

サチコ「ブブーッ!えっへんっ!さっちゃんのマ〇コは極上品なのでぇーす!んんっ、な、なんかね、ミミズ千匹って言うんだって。あっ、あんっ」

M夫「なにそれ!反則だよぉ~、うぉっ、さ、さっちゃんのマ〇コどうなってんの?気持ち良すぎっしょ!」
M夫「うぁぁぁー、も、もうダメかも!さ、さっちゃんゴメン、で、出る出るぅー、出ちゃうぅ~」

パシャ!ジィィィー!

M夫は5往復、動かし始めてからは時間にして30秒も持たずに撃沈!
童貞チ〇ポには、サチコのミミズ千匹は刺激が強すぎたのかもしれません。

ドクンドクンと、いつ終わるとも知れない射精の脈動。
サチコのオマ〇コには、M夫の2週間分の大量の精子が注ぎ込まれました。

全てを出し切ったM夫は、最後にサチコにチュッと口づけをしてからペ〇スを抜き取ります。
ちゅぽんとペ〇スが抜き取られた後の膣口からは、ゼリーのような粘度の高い精液がこぼれ落ちました。
上体を起こして、ビックリしたような顔で股間を見つめるサチコ。

パシャ!ジィィィー!

上体を起こし、膣口から流れ落ちるドロドロの精子を呆然と見つめるサチコの姿。
僕のお気に入りの一枚でした。

サチコ「うっわーっ!いっぱい出たねぇ。うふっ、そんなにサチコのマ〇コ、気持ち良かったんだぁ~、どうだっ!さっちゃんのミミズ千匹マ〇コには敵わないっしょ!」

M夫「くっそーっ!もっともっと、さっちゃんマ〇コ味わいたかったのにぃ・・・でもサイコー!気持ち良すぎっしょ!まだまだ出すからねっ!さっちゃん妊娠させるから!」
K助「おらっM夫、ちゃんと撮っといたぞ。こっちが童貞卒業の瞬間で、こっちが中出しの瞬間、そしてこれが、M夫の精子垂れ流す、さっちゃんのスケベマ〇コぉ~」

サチコ「いやぁん、K助ちゃん、いつの間にそんなもの撮ってたのよぉ~、もぉ~、エッチなんだからぁ」

M夫「うっわ!えっろ!俺、またヤリたくなってきたよぉ~」
K助「コラコラ!次は俺の番っしょ!さっちゃん、M夫の精子そのままでいいから、早くヤラせてよ!俺、もう限界だよぉ」

K助「さっちゃんマ〇コでいっぱい出そうと思って、俺も2週間、必死に我慢してたんだよ!」
サチコ「うふふっ、いいコいいコ、サチコ姉さんがたっくさん搾り取ってあげるから、掛かってらっしゃい!」

二人の痴態を目の前で見せつけられたK助は、もう我慢の限界を超えていたのでしょう。
素早くブリーフを脱ぎ捨てると、いきなりガチガチのペ〇スをサチコの膣口に突っ込みます。

チュピッ、ニュププッ
M夫に負けず劣らずの長さのK助のペ○スは、中の精子が潤滑剤となってスムーズに根本まで飲み込まれました。

サチコ「きゃんっ、もうっ、焦っちゃだぁーめ、そのままじっとよ。ほらっ、M夫ちゃん、写真写真!」
サチコ「おめでとうございまーす!これでK助ちゃんも、めでたく童貞卒業だねっ。んっ、K助ちゃんもおっきーい!」

パシャ!ジィィィー!

サチコ「どう?K助ちゃん?初めての感想は?さっちゃんのマ〇コ、気持ちいい?」
K助「うおっ、うあぁぁ、すげえ、これが女の人のマ〇コ!こりゃあ、みんな夢中になるワケだわ」

K助「な、なかにいっぱいミミズがいるみたい・・・って、だからミミズ千匹って言うのか!さっちゃんマ〇コすげえわ!」
サチコ「えへへっ!名器って言うんだって!んじゃK助ちゃん、そろそろ動いてみる?慌てずにゆっくりね」

サチコのミミズ千匹の中で、ゆっくりとピストンを始めるK助。
しかしK助は我慢している時間が長かったためか、あえなく3擦り半で爆発!

個人投稿 自分の妊婦嫁をオナホ代わりに提供する旦那と「何でもしますので」っと言う嫁の自宅肉壷貸し 嫁を差し出すエロいSEX動画!!

K助「んあぁぁー!さっちゃんゴメン、俺もう、げ、限界・・・うぉっ!」
サチコ「えっ!も、もう?」

パシャ!ジィィィー!

K助の射精も、ドクンドクンといつまでたっても終わりません。
やっと射精の脈動が終了すると、サチコのオマ〇コには二人分、それも2週間分の大量の精子。

サチコ「んもぅ~、サチコはまだ、イってないんですけどぉ~、この火照った身体、どうしてくれるのよぉ~」
K助「だってぇ~、さっちゃんずるいよ!初めてで、いきなり名器のミミズ千匹相手にしたら、誰だってすぐイかされちゃうよぉ!」

K助にとっては初めての女性器。
しかもめったにない名器とあっては、3擦り半は当然の結果でしょう。

サチコ「えへへっ、さっちゃんの名器マ〇コの威力、思い知ったかぁ~!」
サチコ「それにしても二人とも、いっぱい出したわねぇ。サチコ姉さん、壊れるかと思っちゃった」

サチコ「はい、M夫ちゃん、撮影よ!抜いた後の精子だらけのさっちゃんマ〇コ、しっかり撮ってね」
サチコ「ハイ、チーズ!」

パシャ!ジィィィー!

今度は上体を起こしたサチコが両手で陰唇を開き、中にたっぷりの精子を蓄えた膣口を丸見えにしている写真。
しかもその写真のサチコはニッコリと笑みを浮かべていて、見ただけで射精してしまいそうな一枚でした

童貞卒業の瞬間、初中出しの瞬間、そしてドロドロの精子を垂れ流すサチコのオマ〇コ。
二人の童貞卒業の記念写真は、しっかりと克明に記録されました。

時刻は6時過ぎ。
イライラするような落ち着かない気持ちの僕は、気分転換にパチンコ店へ。

少なくとも閉店時間の11時までは、胸を引き裂くような現実から逃れることができるでしょう。
僕はあてもなく適当な台に着席し、力なく台のハンドルを握りました。

サチコ「うっわーっ!まだ出てくるわぁ~、しっかし、こんなに出されたら、ホントに妊娠しちゃうかもねぇ」
サチコ「赤ちゃん出来たら、どっちがパパなんだろ?M夫ちゃん?それともK助ちゃん?」

M夫とK助は互いに顔を見合わせて、ニヤリと不敵な笑みを浮かべます。
嬉しそうな表情で、ヌルヌルの花びらを撫で回すサチコ。

サチコ「どっちでもいっか、M夫ちゃん、K助ちゃん、その時は二人一緒にパパになってもらうから、ちゃあんと責任取ってね、パパ!」
サチコ「あっ、そうそう、忘れるとこだった。二人ともちょっと待っててね」

サチコはベッドを降り、床に丸まっていたブルーのパンティを手に取り、カバンを持ってユニットバスへ。
股を開いて大量の精子を拭き取るサチコの姿を、血走った目で見つめていた二人は肩透かし。

サチコは、ユニットバスの中でなにやらゴソゴソ。
準備を終えたサチコは、満面の笑みを浮かべながら出てきました。

サチコ「パンパカパーン!二人の童貞卒業を祝して、記念品の授与を行いまぁーす!」
サチコ「えー、おっほん、M夫君、K助君、前へ!」

二人は何が起こるのかと目を丸くしながら、裸のまま股間を両手で隠して素っ裸のサチコの前に。

サチコ「んじゃ、まずはM夫君ね。えー、あなたはぁ、本日〇月〇日にぃ、さっちゃんのオマ〇コでぇ、めでたく童貞を卒業されましたぁー!パチパチパチ!」
サチコ「これを祝して、記念品を進呈いたしまぁーす。これ、恥ずかしいけど貰ってくれる?」

貴方の彼女さんをお借りします。(37人の男達で共有!?)

サチコの手には、綺麗に折りたたまれた白いレースのパンティ。
大事そうに持って、両手でM夫君に手渡します。

M夫「えっ!いいんすか!こんな高そうなの貰っちゃって?俺、一生の宝ものにします!」
M夫「うわーっ、まださっちゃんのマ〇コのとこ湿ってるよ!たまんねーっ!」

純白のパンティを鼻に近づけて、クンクンと匂いを嗅ぎまくるM夫。
先ほど射精したばかりのペ○スが、一瞬で固くなって反り上がります。

サチコ「こらこら、気が早ぁーい。後の楽しみに取っときなさい」
サチコ「わたしの恥ずかしい染み付いちゃってて、申し訳ないんだけどね」

サチコ「それじゃあ、次はK助君。うおっほん、えー、あなたは本日〇月〇日、M夫君の精子でドロドロの中、さっちゃんのオマ〇コで、立派に童貞を卒業されましたっ!ヒューヒュー!」
サチコ「K助君これ、お気に入りの1枚なんだけどぉ、キミに特別にあげちゃう!大事にしてね!ちゃぁーんと恥ずかしい染みも付けといたからね。って、は、恥ずかしぃ~」

綺麗に折りたたまれたブルーのパンティを、宝物のように受け取ったK助。
K助もパンティを鼻に近づけて感激しきり。
受け取ったパンティを鼻に近づけてクンクンしながら、片方の手でペ〇スを握りしめるM夫とK助。

M夫「クンクン、たまんねぇー、さっちゃんマ〇コの匂いがするぅ」
K助「俺、どうしよ?こんないいもん貰っちゃって。桐の箱に入れて、我が家の家宝にしまーっす!クンクン」

サチコ「こらこら!K助くぅ~ん、そんな恥ずかしいことするんじゃありませんっ!」
K助「いや、俺、絶対家宝にする!そんでね、子孫にも代々引き継いでいくんだぁ~」

M夫「それいいな、K助!俺も桐の箱に入れて、先祖代々の家宝にして引き継いでいくからね、さっちゃん!」
サチコ「これこれ二人ともぉ!そんな恥ずかしい家宝、引き継がされた子孫がかわいそうよぉ(笑)」

K助「ともかく、さっちゃんありがとぉ~、こんなに嬉しい記念品ってないよ!」
K助「俺も何てお礼言ったらいいか、一生の宝物にして大事にするからね!」

サチコ「えーっ、お礼ならウチの旦那に言ってくださーい!あの人ったらね(童貞卒業の記念に、サチコの染みつきパンティプレゼントしなよ)だってさ」
サチコ「ちゃんと染みつけてからプレゼントするんだよって言われたから、それでね、途中でパンティ履き替えたの。ほんっと、変態よねぇ~、ウチの旦那様」

M夫「そんなことないっす!こんな細かい心配り、なかなか出来ることじゃ無いっすよ」
K助「そうそう!俺らが何してもらったら喜ぶか、なんでそんなに分かっちゃうんですかねぇ?」

サチコ「まぁ、そんなとこに惚れたんだけどね」
サチコ「さあさあ、そろそろ晩御飯にしよっか。って言っても、外に出るのも面倒よねぇ」

K助「そんなこともあろうかと、俺、適当に買い出ししときました」
K助「出来たらなんすけどぉ・・・そのぉ、さっちゃん、裸のまま料理してもらえないっすか?」

K助「油とか跳ねたらマズイんで、エプロンも買っときました!」
K助「なもんで、さっちゃん、裸エプロンお願いしまーっす!」

二人のスケベな魂胆に気づいたサチコ。
二人は料理中のサチコを、裸エプロンのまま後ろから襲うつもりです。

サチコ「んもぅ、ホントにエッチね、男の人って。ハイハイ、分かりましたぁ~」
サチコ「キミ達もうギンギンみたいだから、裸エプロンで後ろからとか考えちゃってるんでしょぉ~、んもぅ、ほんとエッチ!あんまり激しくしないでね、危ないから」

サチコは素っ裸のままエプロンを着け、冷蔵庫から食材を選び出して夕飯の調理を始めました。
サチコの背後からは二人のひそひそ声。

M夫『どうする?どっちが先にする?またじゃんけんしよっか?』
M夫・K助『じゃーんけーん・・・』

今度はK助が勝者。

K助『いっしっし、んじゃ行ってくるわ。M夫、撮影ヨロシク!』

エロ夫婦が子供達を預けてホテルの一室で嫁を目の前で他人男性に犯される記録 嫁と他人棒SEXエロNTR動画【オリジナル】

▼次のお話