【寝取られ体験談】他人との性行為による不妊治療を選択した夫婦

2021年10月24日

くすりエクスプレス

遅ればせながら、日本生殖医学会は夫婦間以外の第三者からの精子を使った不妊治療を容認する方針を打ち出した。
そこで私たち夫婦は、とある産婦人科医の扉を開いた。

しかし、その病院で治療費の総額を聞いて驚愕した。
最低でも100万円程度は必要という事でした。

私たち夫婦には到底払える金額ではなく、治療を諦めようと考え始めたその時でした。
先生は躊躇する私たちに、ある提案をしてきたのです。

『一番確実で安価な方法がある、それは』
『はやい話、精子の提供者が、射精の瞬間だけ奥さんの膣内にペニスを入れれば済む事なんですがね、と…』

放心状態の私にさらなる追い討ちをかけるように、しばらく沈黙していた妻の口から思いがけない言葉が発せられたのです。
『ほんの少しの間我慢すればすむのだから、あなた、わたしそれでも平気よ』と…

結局私達は、医者の冗談のような提案を呑む事にしたのです。
その日私達は、精子提供者の血液型、容姿等の希望事項を提出したのでした。

そして受精の当日、妻と私が病院に出向くと、先生から提供者が体調不良で来られなくなったと聞かされました。
排卵日を見計らい、ひと月も前から計画をしていたのですが…

先生は、今日のチャンスを逃すと次はいつになるか分からないと言うと、私たちに、自分の精子で良ければ無償で提供すると言ってきたのです。
私達は急遽、子供欲しさに慶応出の遺伝子を持つ先生の提案をのむ事にしました。

妻の膣に、先生の精液が注ぎ込まれる…
そう思うと心臓が猛然と早撃ちをしていました。

私の心を見透かしたように先生が言います。
『ご主人、立会いでよろしいのですか?』

私は、短く『ハイ』と答えるのがやっとでした。
いつも先生の側にいる若い看護婦さんが、一瞬ニコッと微笑みました。

先生はおもむろに白衣を脱ぎ、ズボンのベルトをカチャッと外しズボンとパンツを下げると、まだ勃起はしていないものの威圧感のあるベニスを露にしました。
そして妻に、ベッドで下半身を出して準備するように言いました。

どうしていいのか戸惑う妻に、先生は後ろからならお互い気まずくないのでと、バックからの受精を指示してきました。
恥じらいながらもパンティーを脱ぎ、診察室の低い簡易ベッドで妻は四つん這いになり、くびれたウエストからブリッと迫り出すような丸みを帯びた尻を突き出して、先生の射精を待ちます。

まもなく妻の色白のヒップに先生の股間が密着し、ペニスが数秒、いや、数十秒なりとも挿入され、勢い良くほとばしる精液を受け止める事になる…
そんな想像をしただけで、頭が変になりそうでした。

白衣に隠されていた先生の下半身は、医者には似つかわないドッシリとした筋肉質の体躯でした。
妻の背後からこの男が射精する…

私はこの場に及んで、大変な事を実行してしまったと初めて気づかされました。
先生は、ベッドを仕切るカーテンの向こうでペニスをしごいている様子ですが、なかなか勃起しないようです。

しばらく先生は自分でしごいていましたが、少し膨らんだ程度にしかなりませんでした。
気まずい雰囲気の中、なんと先生は妻に援助を求めて来たのです。

『奥さん、申し訳ないが、奥さんのお口で少し大きくしてもらう訳にはいかないですか?』
私は、妻が他の男のペニスをフェラするなんてとんでもないと思いました。

しかし妻は、精液を求める思いからか迷うことなくベッドから降り、私の承諾も無いまま先生の前に跪き、恥じらいながらもペニスをゆっくりと呑み込んでいったのです。
私はその光景に目を疑いましたが、妻が他の男の陰茎を呑み込んでいるのは紛れも無い事実でした。

先生のペニスは、妻の唇がまとわり付くように陰茎を数度往復するだけで、たちまちその本性を露にしていきました。
私は先生の勃起に激しい嫉妬を感じるのと同時に、自分のペニスが痛いくらいに膨れ上がるのを抑えられませんでした。

妻は勃起した先生の陰茎を、徐々に深く咥えこんでいきます。
気のせいでしょうか、最初は恥じらいを見せ遠慮がちだった妻が、先生の勃起に夢中になって応えているように見えました。

妻の唇は堰を切ったようにストロークを重ね、やがて吸い付くような動きになっていきました。
私は心の中で『オイオイ、そんなに…』と叫んでいました。

妻の本気のフェラに、先生のペニスは見る見るうちに完全な勃起状態になっていきます。
そこには、エラが張りつめた長く巨大なペニスがありました。

先生はフェラの快感からでしょうか、診察室のイスに腰を降ろします。
私は、『もう勃起しているのだから自分でしごけるだろ?』と思いましたが、妻は腰を下ろした先生の股間を追いかけ、パンパンに張り詰めたペニスを再び呑み込んでいきます。

先生の太股に手を付き、喉奥まで陰茎を呑み込み、頬をポッコリと窪ませストロークを繰り返す下半身丸出しの妻。
それは、これが不妊治療だとは思えないほどの卑猥極まりない光景でした。

妻のねっとりとしたフェラに、ありえないほどに勃起する先生… 
妻の柔らかな唇が、先生のガチガチに勃起したペニスに絡みつく光景は、私に激しい劣情感を抱かせました。

時おり妻の咽喉から解放される先生のペニスからは、夥しい量の我慢汁が溢れています。
その量の多さに妻は、『凄い、いっぱい出てきてる…』と思わず呟いていました。

先生は『たまんないです』と言いながら、お尻の筋肉をピクンッ、ピクンッと痙攣させます。
そのたびに、爆発寸前のチンポを妻の喉奥へと突っ込みます。

先生の濃厚なチンポ汁を、美味しそうに吸いだす妻。
時間を掛けた妻の丁寧なフェラを受けて、先生が言いました。

『すごい吸い付き、キクゥ、入れさせてください』

私はすぐに先生が射精するものと思い、『先生お願いします』と告げました。
妻はベッドで先程のバックスタイルをとり、先生のペニスを待ち受けます。

その時の妻の秘部からは、先生のペニスを心待ちにしているかの様に、女の蜜が溢れているではありませんか。
下半身丸出しで、口いっぱいに巨大なペニスを頬張り続けていたので無理もありません。

その時、タイミングを見計らって、仕切りの奥から看護婦さんがローションのような物を持ってベッドの近くに来ました。
先生は妻の秘部を見ながら言います。

『あぁ、奥さん、ローション無しで全然OKですね。もうヌルヌルじゃないですか』
『いやぁぁん、先生』 

妻は甘えたような声で、挿入をせがむ仕草にも見えました。
『奥さん、欲しくなってますね。今放ってあげますから、奥さんが大きくしてくれた活きのいいのを』

先生は、ドンと張り出した大きなヒップの下の濡れた割れ目に亀頭をあてがいます。
私はてっきり、しごいて射精の瞬間だけ入れるんじゃないのかと思っていたのですが…

次の瞬間、先生は腰を前に突き出し、大きなペニスは根本まで妻の膣に納まってしまいました。
妻は、子宮口まで到達するような深い結合に、背中を仰け反らせてペニスを受け入れます。

後は先生が射精してくれれば、全てが終りのはずだったのですが。
『奥さん、イキかけたんですが、緊張のせいか射精感が遠のいてしまった』

『少し治療しますから』
先生はそう言うと、なんと妻の括れた腰をガッチリと掴みながらピストンを始めてしまいました。

妻は戸惑いながらも『ええ…』と答えるしかありませんでした。
先生は、ゆっくりとしたピストンで妻の膣内の感触を味わうように腰を振り出しました。

挿入と同時に射精と考えていた私には、到底受け入れられない行為でした。
そんな私の思いとは裏腹に、先生はピストンのピッチを上げていきます。

妻は拒むどころか、大きなヒップを突き出し、背中を反らして、先生の巨大なペニスを迎え入れるようにしています。
『先生、これじゃ…』と眉間にしわを寄せる妻。

妻の柔らかいヒップは、先生のピストンを受けて、パンッ、パンッと音を発していました。

『どうしました、奥さん?』
『こういうの、ありなんですか?』

『治療ですよ』
先生はそう言い放ち、私の目の前で妻のヒップを鷲掴みにして巨大なペニスを次々と射ち込んでいったのです。

【NTR】人妻さら・アナルも拡張中❤️ 他人棒様とラブラブ生エッチ見せつけ❤️

私は、これはもう完全に交尾じゃないかと思いました。 
妻は先生の激しいピストンを受け『はぁん、あぁぁんっ』と喘ぎ声を発してしまいます。

妻の反応を見た先生は『どうしました、奥さん我慢しないで下さい。これは治療のプロセスですから。ねぇ、ご主人』と私にも問いかけました。
『はぁ…』と言うのが精一杯の私を他所に、妻は『イャあぁん、先生』と、おねだりするような甘い嬌声をあげます。

先生のピストンが放たれる度にパンッパンッパンッという音が響きわたり、妻の『あぁん、あぁん』という喘ぎ声が診察室に響きます。
当初は射精の一瞬だけ我慢すればと思っていたはずが、妻の膣には大きなペニスが何度も何度も打ち込まれ、妻のヒップを震わせているのです。

先生は妻のセーターを背中まで捲くり上げ、妻のウエストをガッチリとホールドして腰を振っていました。
躍動感に漲った先生の腰のリズミカルな動きは、遠慮の欠片など微塵もないものでした。

その様子は、治療とは程遠い、雄と雌の交尾そのものに見えました。
しばらくして、ようやく先生の腰の動きが止まりました。

しかし、一瞬安堵したのも束の間、先生は妻に密着したままセーターを肩口までめくり上げたのです。
そこには先生のピストンで揺さぶられ、ブラから溢れ出してしまった大きな乳房がありました。

『あっ、奥さん、おっぱいが出てきちゃってるじゃないですか』
先生は、妻のこぼれ出た乳房を覗くようにしながら、大きく腰を突き出します。

先生からは、ピストンで激しく揺れるオッパイが見え隠れしているのでしょう。
覗くような姿勢で妻の乳房を追いかけます。

先生に激しくペニスを打ち付けられた妻は、
『あぁ、ダメッ、あっあっ、イクゥ』と絶頂の声を上げました。

本来は先生の射精が目的である筈が、先に妻がイってしまったのです。
ハアハアとヒップを震わせながら尻を突き出したままの妻。

妻のヒップに腰を密着させたままの先生は、大きな丸い尻を撫でながら言いました。
『ご主人、申し訳ないですな。今日は少し治療が長引きそうです』

そう言うと、自らのペニスが突き刺さる妻のヒップを見つめながら、再びゆっくりと交尾を再開します。
先生のゆったりとした腰の動きは、射精を目的としたものでは無く妻の膣内の感触を堪能しているように見えました。

時には激しくペニスを打ち込んで、充分に膣を堪能した先生は妻に言いました。
『奥さん、前から入れさせてもらっていいでしょうか?』

先生は、いったんペニスを抜き取り妻を仰向けにすると、妻の愛液でヌラヌラと光るペニスを秘部に当て、一気にズンッと奥まで挿入しました。
妻は乳房を揺らしながら『ああぁぁん』と甘い声で出迎えます。

先生は妻の膝裏に手を当て、足をM字にした状態で激しくペニスを打ち込みます。
先生の眼下では、セーターから見え隠れする大きな乳房が揺れていました。

先生の目は、妻のブラ越しにうごめく乳房に釘付けです。
先生はブラから溢れた柔らかそうな乳房に魅了されたのか、妻に言いました。

『奥さん、おっぱい見せてください』
私は、『おいおい調子に乗るな、おっぱいは関係無いだろ』と心の中で叫びます。

私は、『頼む、このまま、このまま射精してくれ』そう願いました。
そんな私の願いもむなしく、先生はセーターをたくし上げ、ブラからこぼれ出た乳房を目一杯に露にしたのです。

既にブラからそのほとんどを溢れさせている妻の乳房は、ピストンのたびにこぼれ落ちそうになっていました。
先生はもう堪らない様子で言います。

『すっごい大きなおっぱいですね。奥さん、いやらしく揺れてますよ、おっぱい』
『もっと、もっといやらしいおっぱい見せてください』

『イやぁぁん』と妻は嫌がるそぶりを見せましたが、本気の拒絶ではないことは明らかでした。
遂に先生は妻の背中に手を廻し、ブラのホックを外しにかかります。

すると妻は、驚いたことにホックを外し易いように背中を浮かしているではありませんか。
そして先生がホックを外した瞬間に、妻の大きな乳房が先生の眼下に全貌をさらします。

先生の妻の乳房を見つめる目は、飢えた獣のように血走っていました。
『すごいおっぱいですね、奥さん』

先生は、妻の息使いで上下する乳房に吸い寄せられるように顔を近づけ、食い入る様に見つめます。
そして先生は、思い立ったように簡易ベッドに備え付けの四角い枕を妻の背中に潜り込ませました。

枕を当てがわれた妻の乳房は、否応無しに弓反りに突き出され、先生の眼下に晒されました。
先生は口を開けたまま息を荒げています。

『形も、柔らかさもいい、白くて、しかも超でかい』と呟く先生。
先生は、弓ぞらせた身体の無防備な乳房をじっと見つめたまま、妻の息使いで上下する乳房に見入っています。

先生は、妻の乳房をじっくりと舐めるように凝視しながら、膣奥のペニスから我慢汁を溢れさせているに違いありません。
妻は、膣奥のペニスを真綿で締め上げるように捕らえ、余すところなく我慢汁を搾り取っているのでしょうか。

妻の膣奥で他人棒が我慢汁を溢れさせている事を想像すると、私は頭がおかしくなりそうでした。
暫くして先生は、『さぁ、そろそろいただきますよ』と言いました。

沈黙のまま身悶える妻。
ゆっくりとした振幅で単発のピストンを放ち、乳房をぐらつかせます。

まるで妻の乳房をいたわるように、大事に大事に乳房をたわませます。
先生のピストンに妻の乳房は形を維持したまま全体をたわませ、ひと突きされる度に数度リバウンドを繰り返します。

先生の腰が幾分スピードアップしたように感じた瞬間でした。
『あぁぁん』という妻の喘ぎとともに乳房はたわみ、大きく揺れだしたのです。

自分の妻の乳房を、他の男がリズミカルなピストンで揺らす光景は、私を興奮の極みに追い込みます。
普段見ることの出来ないアングルから、妻の乳房がゆさゆさと揺れる光景を見せつけられ、私の中で後悔が募ります。

私だけが味わう事の出来る筈の妻の乳房の揺れを、他の男ががっつりと味わっているのです。
『凄い、凄く揺れてますよ』と先生。

『やぁぁん、恥ずかしい、あんまり見ないで』
と恥じらう妻に、先生は容赦なく腰を打ち付け、乳房を揺らしていきます。

旦那が単身赴任中の人妻29歳の不倫奥さんを肉棒2本責めの不倫初3Pプレー!!美人ママの悶絶ズッポリセックス素人ビデオ動画!!【素人個】

先生は、『いやらしいおっぱいですね、奥さんっ!』と妻の被虐心を刺激するように吐き捨てます。
『いやぁん』と身悶える妻に先生は、

『もっと、もっと揺らしますよっ!』
『奥さんのおっぱいが揺れてるのを、いっぱい見せてもらいますっ!』

そう言いながら、巨大なペニスを次々と打ち込んでいきました。
次第にピストンに力が漲る先生。

目の前で揺れる妻の乳房が、徐々に大きくたわんでいきます。
私は、もうこの辺で勘弁してくれと思いましたが、先生の腰はますますダイナミックな律動を始めました。

もはや妻の乳房は、バユンバユンと回転を伴ったリズミカルな動きになっていました。
『すんげぇ…』と呟く先生。

先生は、ダイナミックな動きを続ける乳房を目で追い続けます。
『あぁ、スゴイ揺れてる』

鼻息を荒げた先生は『おもいっきり揺らしちゃいますよ、奥さん』と暴走し始めました。
看護婦さんが私の隣で『はじまっちゃった』と呟きました。

私は、バユンバユンと揺れる乳房を固唾を呑んで見つめるしかありませんでした。
看護婦さんは『先生、巨乳好きで揺れ乳フェチだから、いっぱい揺らされちゃうよ、奥さんのおっぱい』と教えてくれました。

更に看護婦さんは『先生、大学でサッカーやってたから凄い持久力なの』とも言います。
私は、もっと早く教えてくれよと思いました。

先生は、M字になった妻の脚を更に大きく押し開き、暴力的なピストンで次々とペニスを打ち付けます。
バユンバユンと大きく揺さぶられる妻の乳房。

妻のスレンダーな躰から盛り上がるFカップの乳房は、先生を狂わせているに違いありません。
『凄い揺れてますよ、奥さん』

先生にリズミカルに乳房を揺らされた妻は、
『はぁぁ、またイキそう』と言いました。

その時でした。
先生は、

『奥さん、実は昨晩、眠れず睡眠薬を飲んでしまって』
『薬の影響で、先天性の異常でもでたら取り返しが付かない』

『今日は、ここまでにしましょうか?』と妻に問いかけました。
そう言いながらも、腰を動かし続ける先生に妻は言いました。

なんとイキかけている妻は、
『いやぁん、もっと、もっと突いてぇ』と言ったのです。

先生は、『それでは申し訳ないが、今日は奥さんの、奥さんの乳房に射精させてください』と言いました。
『なんでもいいわ、いっぱい突いてちょうだい』

妻のゴーサインを得て、先生はさらに激しく腰を打ち付けます。
先生は妻のM字開脚の中心に激しくペニスを打ち込んで、弓反りの妻の大きな乳房を揺らし続けました。

『あぁぁぁ、イィッちゃうぅぅ!』と仰け反る妻に、ここが勝負どころと猛然としたピストンを打ち込む先生。
妻の乳房が弾け飛ぶように動き回ります。

息を呑むような光景の後、ペニスを引き抜いた先生は妻の躰を跨ぎ、巨砲を妻の乳房
に向け、大量の白濁液をぶちまけます。

妻の透き通るような白さの乳房に、スライムのような密度の濃い精液が大量に浴びせかけられました。
見事なまでに、妻の乳房にぶちまけられた夥しい量の白濁液。

それは、先生が妻の乳房に描いたアートのようであり、自分の所有物に対するマーキングのようにも見えました。
すっかり妻の乳房に魅了された様子の先生が言いました。

『奥さん、数日間通院していただきますよ』
『受精するまでに、悪い精子を全て放出しなければなりませんからな』

妻は『イヤぁン、先生』と身をよじりながら、先生の白濁液でドロドロになった乳房をプルンッと震わせました。

【NTR】寝取られ人妻さら 生ハメ中出し!旦那と●●●に見せつけ!裏切り完堕ちパコパコSEX♪