【寝取られ体験談】妻のヌードモデル体験2

2021年10月25日

くすりエクスプレス

▼前のお話

妻の洋子のあそこをいじりながら、今回の事を思い出していました。
まさか、他人の前でオナニーのようなことをするとは思わず、それを見ていた自分も含め、他の男達は激しい情欲にかられていた事だと思います。

「洋子、すごい事しちゃったね」
「えっ、いやっ、恥ずかしい。自分でも訳が判らなくなって」

今まで夫の私にすら、そんな痴態を見せた事はありません。
よっぽど興奮したのでしょう。

さらに私は2本の指を奥に入れ、かき回しました。
「裸になって脚を広げた時に、すでに濡れていたように見えたけど」

「あっ、いぃー、だって、あの人達うまい事言うし、のせられてしまって」
「洋子は、全裸になると興奮しやすいんだね」

「だって、裸って気持ちいいし、見られていると思うとなんか、あっ、そんなふうにされると」と、妻のあそこをいじっている私の手を太股ではさんできました。
「だって、洋子がやっていたようにしているんだけど」と脚を広げさせました。

「ねぇー、またしてみてよ。している洋子を見たい」と言うと、妻は、
「えっ、恥ずかしいわ」と言いつつ、私の指に代わって自分の指を入れてオナニーをし始めました。

「あっあっ、もう見られてしまって、なにも隠す事ないし、あぁっ」
「なんだい、隠す事ないって、じゃー今までもやっていたの」

「うん、あなたがいないときとか、最初のモデルの後も結構しちゃった」と、あえぐ様に言いました。
そうか、女性のほとんどはオナニーをするっていうけど、妻も例外では無かったって事かと、変に納得しながら妻のオナニーを眺めていました。

「洋子、もし俺がいなかったら、あの人達とやっていたんじゃない」と言うと、
「そんな、あなただけよ、私のここを出来るのは」と言いつつ、なぜか指の動きが早くなっていくのが判ります。

「いや、俺も実はあの時、洋子は俺の妻だけど、こんなきれいな洋子を独占してしまうのがもったいないと思ってしまって、みんなの共同の物って感じがして」
実際、あのムンムンした狭い部屋で最愛の妻が全裸になり、そしてオナニーを見せているのが、妻が手の届かない所に行き、妻でなくなり、そう女優かも、そして男達との共同作業を行う共同体のように感じました。

「いやっ、あぁっ、私はずっとあなたのものなんだから、来て、来て」とねだってきました。
すかさず洋子の指の代わりに自分の物を挿入し、ピストン運動を始め、妻に口づけしながら、「きれいだ、やっぱり洋子は最高だ」とささやき、

「今日は俺じゃなくて、あの人たちが洋子をやっていることにしよう」と言い、
「奥さん、奥さん」と言葉を変えました。

「いやっ、そんなあなた、あっあっ」と言いましたが、妻は一挙に上り詰めて行き、ぎゅーと私の物を締めつけてきました。
あっ逝ったなと思うと同時に、妻の中に放出してしまいました。

数日が経過し、仕事から帰ると、洋子がこの間の服装で私を迎えました。
「えっ、どうしたの、そんなかっこで」と言うと、洋子は封筒を私に見せました。

その中を開けて見ると、お礼状と洋子の写真とネガが入っていました。
さらにその中に別の封筒が厳重に入っていて、それを開封すると、妻の全てが写っている写真でした。

洋子のオナニーシーンやヒダを広げている写真で、あそこは赤くふくれ、白濁した液体が垂れているのが写っています。
「うわー、すごい、洋子、それでか」

「うん、今日はもう我慢できなくて、いいでしょ」と誘います。
脚を上げると、ミニのワンピースの下には何も履いていません。

「やっていたのか?」
「うん少し、でも、あなたが帰って来るのをずっと待っていたのよ」

たまらなくなって妻の毛深いその部分にむしゃぶりついて行き、夕食を食べる前に一戦交えてしまいました。
夕食後、風呂に一緒に入り、先に出て、布団で先程の写真を見ながら洋子を待っていると、全裸のままの洋子がやってきました。

「どう、実物は」と言い、写真と同じようなポーズをとります。
「やっぱり実物だね。電気をもっと点けよう」と部屋を明るくしました。

「ねー、あなた、そう言えば、写真を届けに来た方がモデル代ですって言って、これだけもらったわ」と言い、片手を上げました。
「へぇー、そんなに。洋子が恥ずかしい思いをしたんだから、好きにしたらいいよ」

「ありがとう、あなた好き」と言い、私を仰向けにしてパジャマを脱がせ、いきり立っている物を口に含んでフェラを始めました。
目の前にある妻のあそこをクンニしていると、たまらなくなったのか私の上に乗り、つながってきました。

腰をグラインドさせて喘ぎながら、
「そしてね、持ってきた人が、またお願いしたいけどご主人に止められてしまって残念。なんて言ってたわよ」

「いやー、あのときは俺もわからなくなって、洋子が壊れちゃうのかと心配になって」
「よかったらまた、なんて言うんで、私でいいんですかって返事しちゃって」

「だって洋子が心配だし、やられたら嫌だよ」
「そんな事はないって。それに結構なアルバイト料だし、ちょっと魅力感じちゃうな。でも、あなたにもう一度お願いしてみますって言って帰って行ったわよ」

そして、そのまま洋子は上り詰めて逝ってしまいました。
数日後、その方から連絡が入り、お礼と、奥様をまたモデルでお貸しいただけないかと言う主旨の電話でした。

先方は、妻はokしているようですし私が保証しますと言い、根負けしてとうとう私もokをだしてしまいました。
それを洋子に話すと、「えっいいの」と言う感じで明るい顔をしました。

「実はあれから私にも連絡があって、あなたがいいって言うから予定はどうですかって聞かれたの。そして、急なんですが来週は?って言うから、実は生理が始まりそうだったのでダメといったら、今週になっちゃって」
「えっ、もう決めたのか。その日俺は会社の都合で休めないし、困ったな」

「大丈夫よ、一回やっているから私一人で。それに、また迎えにきてくれるそうよ」
と、とうとう2回目の予定が入ってしまいました。

「この間のメンバー以外の人も、参加したいって言うらしいわよ。何人来るか知らないけど」
「いいか、洋子、この間は俺がいたんであそこまでしちゃったけど、今回は自制してくれよな」と言うと妻は、

「わかったわ」と言ってますが、たぶん同じようになってしまうような予感を感じました。
その当日、先に会社に出かける私を洋子が送り出してくれました。

会社では、妻の事を思うと仕事に手がつきませんでしたが、幸いな事に約束していたアポが急に無くなり、午後が空いてしまいました。
課長に、家の用事と言う事で半休を申請し、帰りました。

しかし家には帰らず、洋子がいるはずのスタジオに向かいました。
そこに到着すると、本日休業の札が出ていて店は閉まっていました。

以前来ていて知っている裏口に行き、扉を開けるとすっと開きました。
「ごめん下さい」と言い中に入ると、待ち合わせ室には誰もいなく、スタジオの方から声が聞こえています。
そしてスタジオを覗くと、前の倍ぐらいの人達がいて、それぞれカメラのシャッターをきっていました。

相変わらず、ムンムンと暑く熱気がこもっています。
そっと三脚の影から、モデルの妻を見ようと横からそっと覗くと、もう最終段階なのか全裸になって脚を広げています。

「奥さんこちらを見て下さい」とか、
「太股をもう少しあげて」など、カメラマン達が妻に要求しています。

この間と同じ補助の人が、妻にポーズをつけていました。
紹介者の人が私を見つけ、そっと近づいてきて挨拶してきました。

「いや、モデルの奥様がいいのでこんなに大盛況でして」と言われました。
撮影が進んでいくと、妻は要求された訳でもないのに自分のあそこを見える様に広げ、手をあそこに這わせ、かすかに指を曲げています。

熱気で妻の体は汗で光っていて、それがまた嫌らしく見え、そしてその部分は、汗と違った液体で濡れているのが判ります。
カメラマン達に囲まれ、その男達の視線を集めている妻はすっかりプロのモデルの様で、私の手の届かない遠い存在になっているように感じます。

個人撮影(夫が撮影)マッチングアプリで募集して他人棒で寝取ってもらった

自分がいま出て行ってしまえば、夫としての威厳が示せるのかも知れませんが、そんな事をさせない、許さない雰囲気が満ちています。
カメラマン達は、そんな妻の痴態をレンズ越しに視姦しながら、しきりにくちびるを舐めている者もいます。

洋子は私が来ているのは知らない様で、そのカメラマン達の褒め言葉に酔ったのかすっかりのぼせてしまい、カメラマンの要求以上のポーズを取っています。
そして、いろいろポーズを変えるたびに洋子のあそこから、ぴちゃという音が聞こえ、そしてそこから雌の匂いがただよってきそうです。

横にいた紹介者の方が「奥様・・だいぶ乗って来られているようで」と、私にささやいてきます。
「そうですね、妻も逝きそうです」と、つい正直な感想を言ってしまい、しまったと思いました。

「いや、奥様だけではなく、時々素人の方は撮られていることで興奮なさるので、無理もありません」と変に慰められ、妻を見ると、とうとう人指しと中指をあそこに入れてかき回しはじめました。
「うっうっ、あっあっ」と、今まで我慢してきたかわいい声をあげてあえぎはじめました。

やはり洋子はやったかと思っていると、カメラマン達は一斉にシャッターをきり始めました。
一人は洋子の喘いでいる顔を接写し、別の人は、洋子の足の間から指が出入りしている部分を狙って撮影しています。

指が激しく出入りしている部分からは、ピチャピチャと言う音と白濁した液体がたれてきていて、夫としてもうすぐ達するのが判りました。
「あぁ~~」と言うと背筋を突っ張らせ、逝ってしまいました。

そんな様子を食い入る様に見つめている隣の紹介者の人に、
「これから帰りますんで、妻には居なかったことにして下さい」

「えっ、一緒にお帰りになるのかと」と、予想外のことに戸惑ったような返事をします。
「いや、ほんとは今日はいないことになっているし、私がこの姿を一緒に見ていたなんて知ると、洋子がどう思うかと」

「そうですか、判りました。内緒にしておきます。奥様は後でちゃんとお送りします」
「すみません。では、もう社に戻るんで」と言い、そっと出ました。

しかし会社に戻る訳でもなく、ふらふらと歩き、本屋や喫茶店などで暇を潰してから帰宅しました。
それでもいつもより早めの帰宅だったのですが、家には誰もいなく、妻は帰っていないようです。

しょうがなく待っていると、程なく外で足音がして帰ってきました。
がちゃと玄関を開ける音がして、洋子が「あっ、あなた帰っていたの」と言います。

そして、その後ろには送ってきた紹介者の人がいます。
挨拶を交わしながら妻は、「どうもすいません」と言い、部屋に上がってきました。

洋子が部屋に入ったのをみて、「ちょっと送って行くよ」と言って外に出て、その人と話しをしました。
「あれから妻はどうでした?」と聞くと、

「あっ、遅かったのは、奥様は、またあれからちょっと・・・」
「えっ、そうなんですか」

とその時のポラを渡されました。
その顔は、プロのモデル顔負けのいい顔をしていました。

「では私はこれで、あっ、それと奥様のバイト料です」と、前のより多めの金額の入っている封筒を渡されました。
家に入り洋子を見ると、疲れたのかぐったりして横になっています。

そっと近づいて妻に口づけをすると、抱きついてきました。
「あなた、ごめんなさい」

「いいよ判っている。しちゃったんだろ」
と言い、妻のあそこに手を入れるとビショビショのままです。

そのまま裸にし、自分も脱ぎ、今まで男達の視線を集めていたあそこに口づけをしました。
「ここにこういう事が出来るのは、俺だけだ」と言うと、洋子は一段と激しいあえぎ声をあげ、私の口にそこを押しつけてきます。

ビショビショのあそこを丹念に愛撫したあと、挿入しました。
はたして私が帰った後、妻はどんな事をしたのか?気になってしょうがありません。

実際には、あれだけの人数ではそんな事はないのは判っているのですが、誰かとSEXまでいったのかと想像するだけでいっそう燃えてきて、激しく腰を打ちつけました。
「あなた、どうしたの、凄い、あっ、凄い」と叫んで、妻が逝くと同時に射精してしまいました。

腕枕をしながら休んでいると、洋子が「実は、帰る時に知らない人が、今度は個別にお願いできますか?なんて、内緒で言われちゃったのよ」
「うーん、それはなぁー」と、ちょっと困った顔をしました。

「あなたがだめだったら行かない。その人には、主人に聞かないと判りませんって言っておいたから」
もしそんな個人の所に行ったら、洋子はSEXまでしちゃいそうで、正直okは出せそうにないのですが、妻には言えませんが、そんな洋子を見てみたい気持ちもあって複雑な心境です。

私の転勤で故郷を離れてここに来ていて、二人とも地元の人間ではありません。
いずれ帰るつもりなので、少しぐらい羽目を外して、なんていう気持ちがあったのは否定出来ません。

ヌードモデルになる事を、妻の洋子も、そしてそれをokした私も、そんな気持ちだったのかも知れません。
しかし冷静になってみると、2度目の写真モデル(正確には3度目)の後、またモデルの件でお話が来る事も有りましたが、妻のオナニーまで撮影されてしまってはストリッパーと同じではと思い、さすがに恥ずかしさの方が先にたってしまい、しばらくはおとなしくしていようと洋子と二人で決めました。

後日、焼き増しされた写真をもらいました。
もらった写真には、指で遊んでいる洋子の写真がありましたが、私がスタジオで見た様なアングルの物(洋子のあそこを接写していた写真があったはず)は、入っていませんでした。

きっと撮影者が秘蔵でもするのでしょうか?
写真を届けてくれた紹介者の人は「また、お願いします」と言ってましたが、「さすがにもう、勘弁して下さい」と言うと、「残念です」と言って引き下がってくれました。

数日後、帰宅して夕食を摂っていると、洋子が私にこんな事を言いました。
「ねぇーあなた、今日電話があったのよ」

「ん?、どうしたの?」
「ほら、前回の撮影のあと、私にモデルをしてくれないかと言った人がいたって言ったでしょ」

「あー、そんな事あったっけな。まさか、また」
「うん、そうなの、それで、お願いできるかって言うのよ」

「だめだめ、もう断ったんだから」と言うと、
「うん、私もそう言ってお断りしたんだけど、その人、知らなかったっていうのよ」

「調子いいこと言うな。知っていたんじゃないか。もう洋子にはあんな事はさせたくないし」
「うん、そうねー、で、その人、ご主人・・あなたとお話したいっていうんで、ダメだと思いますけどどうぞって言っちゃった」

「おいおい、まるでそれじゃ、俺がokしたら、またやるっていうふうに取られちゃうじゃないか」
「えっ、まぁー、そうかな、うふふ」

「なんだよ、その笑いは、洋子はいいのか」
「だって、今度は個人的って言うし、なんかアルバイト料もはずんでくれる様なことを言っているんだもん」

「えーっ、断ったおれのメンツはどうなるんだよ」
「ごめんなさい、だめだったら断って頂戴。でもあなた、撮影会のあとってすごくやさしくって、それに凄く燃えるんだもん。私、もったいなくって」

「それはそうだけど・・・だって、あんな洋子を見て、平静でいられる訳がないじゃないか」
「うふふ、ねぇー、今回で最後ってことでいいでしょ」

【寝取られた妻】vol.35 単独さんの手縛りとイラマを受け入れ、恥ずかしい姿で寝取られる妻。

「なんだよ、もう心はokか、ほんとに最後だからな」
と、妻の前では止める様な事を言ってましたが、実際私の心は、もう一回くらい、そう、もう一回くらいいいじゃないかと、言っている事と反対の心が芽生えていました。

そして、風呂から上がってビールを飲んでいると、電話が鳴りました。
洋子がその電話に出て、「あなた、きたわよ」と言って、私に受話器を渡します。

「夜分にすいません。わたし、田中と言うものです」
「あっ、どうも」とお互いに挨拶を交わし、そして先方から、

「奥様からお聞きだと思うですが、わたし、個人的な趣味で写真を愛好しており、もちろん今回の撮影会も出席させていただきました。そこで奥様が、いや、女性としてすばらしい美貌の持ち主で、これは絶対に私のコレクションに加えたいと固く思ったしだいです」
「あー、まぁー、おっしゃる事はわかるのですが、この前の方にはもうしませんとお断りを」

「はい、それはお聞きしました。しかし、今回はあくまでも個人としてお願いしているわけでして」
「んー、いや、それはそうなのですが、妻のあんな姿はもう・・」

「はい、それはそうですが、あの時の奥様の様子は誰にも負けない女優であると、そうです、本気の演技です」
・・・・このとき、田中さんの言う女優という言葉が胸に突き刺さりました。

「そんなに良かったですか?」
「はい、それはもう」

「そうですか・・・」
「どうでしょ、お考え直して頂けませんか」

「んー、私はともかく妻が・・・」と言うと、
「もちろん、奥様には最高の演技をして頂く所存です」

「えっ?」と言うと、
「はい、一応それなりの準備はさせていただきますので」と、ここまでしゃべり、受話器を塞いで洋子の目を見ました。

潤んだ目をしていて、それは、もうokというふうにとれました。
再び受話器に向かって、「判りました、それほどまで言っていただけるのなら」

「ありがとうございます。無理を言って申し訳ありません」
「でも、このことや、撮影したものが外部に出るのだけは」

「もちろんです。絶対に迷惑をおかけするようなことはいたしません」
そして、詳しくは後でと言い、受話器をおきました。

洋子に「結局okしちゃったよ」と言うと、
「うん、今回で最後よ」と微笑んでいました。

そして後日、打ち合わせを行って撮影日と撮影内容を決めました。
妻も知らないその内容とは、まずは通常のヌード撮影を行い、洋子が乗ってきたら好きにさせ、最後まで逝かせてみるというものでした。

妻を女優にという言葉に酔い、こんな事を決めてしまいました。
このとき私の手は震え、口は乾いてしまい、声がうわずっていたと思います。

そして撮影日がきました。
今回は私も同行しました。

洋子と2人で出かけ、田中さんの家の近くの駅まで行きました。
田中さんはすでに駅に車で迎えに来ていて、私達を待っていました。

車に乗って田中さんの家に行くと、閑静な町並みが広がる高級住宅街でした。
そのうちの大きな家に田中という表札が掛かっていて、車ごと敷地内に入りました。

車を降り、田中さんに案内されるままに家に招き入れられました。
家にはひとけが無く、「他の方はどうされたのですか」と聞くと、田中さんは、

「妻と子供は海外旅行に行っていて、お手伝いさんは休暇を取らせたんで、夜遅くならないと帰ってきませんよ」と言い、
「さぁー、どうぞ」と、吹き抜けの大きなホールに入りました。

「お疲れでしょ、気をきかせたつもりで、誰もいない方がいいと思ってお手伝いを休ませてしまったので、こんな物しかありませんが」と言い、ジュースとお菓子を出してくれました。
洋子は緊張しているのか黙ったままで、ジュースにも手を付けていません。

「あの、そろそろよろしければ」と田中さんが言い、その言葉に洋子はびくっと肩を震わせました。
「あっ、はい、じゃ、洋子頑張ってくるんだぞ」と言うと、

「あっ、あなたも来てくれるんじゃないの?」と訴えてきました。
「いや、今回もここまで。あとは女優になる洋子の演技と、それを撮影する監督の田中さん共同作業だ」と、我ながらうまい事を言ったと感心して洋子を送り出しました。

奥の廊下に田中さんに案内されて消えていく妻を見送り、ひとり待っていると、しばらくして田中さんが戻ってきました。
「奥様は奥の部屋に入って準備しています。どうですか?ご心配だと思うんで別の所から見てみませんか?」

「えっ、そんな事ができるんですか?」
「はい、DVDや映画を鑑賞できる部屋があって、大きいのでそこを今回のスタジオにしているんです。映写機を写す小部屋があるんで、そこからなら大丈夫ですよ」

「はい、じゃ、お願いします」と言うと、田中さんに案内され奥の暗い部屋に入りました。
そこには雑然と荷物がおいてあって、物置のようです。

小窓があってそこから明かりがもれていて、そこを覗くと洋子と田中さんが見えました。
「では、奥さん、よろしいですか?」

「はぃ・・」と言うと、ミニのワンピースのホックを外し、するすると脱いでいきます。
そしてブラとTバックだけになると、田中さんがカメラを掲げ、パシャパシャと撮影を始めました。

スタジオと違って照度が足りないので、フラッシュの光が田中さんのシャッター音と共に強烈な光を放っています。
洋子は最初はまぶしそうにしていましたが、そのうち慣れてきたのかポーズを付け始めました。

今回は補助の人もいないのですが、2回も経験しているのでどうすればいいのか判っているようです。
前に使用したTバックはもう使えなくなってしまい、今回は海外から通販で取り寄せた水着を着させています。

それは水着というより生地がメッシュで出来ていて、ブラは申し訳程度に乳首を隠すようになっていますが、メッシュからピンクの乳首が透けて見えています。
そしてショーツと言えば、前は極限まで細く、後ろは完全にひもです。

田中さんはそんな洋子を「すばらしい、綺麗だ」などと褒めたたえ、
「ご主人の趣味ですか、すばらしい、今度はうちのやつにも」などと言って盛り上げています。

そんな水着姿での撮影が進んでいくと、申し訳程度にブラに隠されていた乳首が立ってきていて、メッシュの生地を押し上げ、乳首の形があらわになってきました。
田中さんはポーズをつけるため、その水着をわざと絞るようにしたり、Tバックショーツを食い込ませるように妻の洋子に触っていきました。

そして乳首に触れるか触れないかと言う感じで触ると、洋子は「んっ」と声を出し、我慢しているのがわかりました。
「奥さん、では、その水着を取って下さい」と言うと、洋子は立ってブラをはずしました。

ぷるっと乳房が揺れ、その先端のピンク色の乳首が痛いばかりに立っています。
そして腰の部分のTバックのひもに手をかけて、すっと降ろしました。

先程、田中さんが洋子のそれを食い込ませていたので、脱ぐ時にあそこに食い込んだひもの部分が、やや遅れて股下からはずれていきます。
そして、その部分に透明な糸が引いていくのが見えました。

その様子を漏らすまいと、田中さんは一心不乱にシャターをきっています。
全裸になった洋子は再び立ち姿になり、田中さんの要求に答えています。

そして、うつ伏せに寝そべると腰を大きくあげ、お尻をこちらにむけました。
前と同じくバックの体位を再現しています。

そして、寝そべって脚をくの字に曲げると大きく広げ、洋子の大事な部分を田中さんに披露しています。
いろいろと洋子が動くたびに、あそこからピチャピチャと音が聞こえ、既に大洪水になっているのがわかります。

田中さんが「奥さん、すばらしい」などと連発し、
「この前の様にどうです。やってみてくれませんか」と言うと、それを待っていたかのように洋子は指をあそこに侵入させ、クチャクチャとかき回し始めました。

「あぁあっ、うぅうっ」とあえぎ声をあげ、その指の動きが激しくなっていきます。
パシャパシャとシャッター音と目もくらむストロボの中で、妻の洋子の痴態が続きます。

NTR寝取られー奥様の**貸し出しー人妻調教(まやさん)

「ああぁっー」と、大きくのけぞって洋子は逝ってしまいました。
田中さんはそんな洋子を撮影しながら、しばらくして妻の元に近寄り、抱き起こしました。

「奥さん、よかったです。すばらしい写真が撮れました」
すると、洋子は虚ろな目で田中さんを見上げ、肩で息をしています。

田中さんが妻にジュースを差し入れると、一気にそれを飲み干し、一息ついています。
先程洋子が座っていたところの絨毯に、洋子の恥ずかしい染みがついています。

「奥さん、よければもう少しおつきあいをして下さい」と言い、隠し持っていたローターを妻の乳首に当てました。
「ひっ、あっ」と言うと、洋子は再びのけぞってしまいました。

田中さんが、妻の乳首にブーンと言う音がするローターを当て、もう一つの手で片方の乳房を揉みしだいています。
「あっ、あっ、だめ、変になっちゃう」とあえいでいる洋子を見て、私も予想外の展開に驚いてしまいました。

妻にまかせて勝手に逝くのを想像していたのですが、田中さんが妻の洋子に愛撫をするなど思っていませんでした。
飛び出そうとしましたが、今までの痴態を見ていて、破裂寸前まで勃起している自分の物を片手でこすっていて、このまま見ていたい気になっています。

「あっあっあっ」と田中さんの愛撫に喘いでいる妻を見ると、強烈な劣情感が沸いてきます。
すると今度はそのローターを妻に持たせ、乳首に当てさせると、近くの引き出しから別のものを取り出しました。

その手には黒いごつごつしたバイブが握られていて、おもむろにスイッチを入れました。
ローターと違ったくぐもった振動音がして、先端がクネクネと動き始めました。

田中さんが妻に近づいて、
「奥さん、これもいいですか?」と聞きます。

目をつぶったままあえいでいる妻が目を開け、それを見ると、一瞬ギクッとした感じでしたが、コクッっとうなづいています。
田中さんは妻の足元に廻り、その長い脚を持ってくの字に曲げさせて、自分の肩にかけさせました。

その時、田中さんは洋子と自分の間に入ってしまい、肝心の部分が見えません。
見えるのは田中さんの背中と、その肩に乗っている洋子の脚裏と、時々みえる太股です。

ブーンと言うバイブの音がグーンという低い音に変わると、それと同時に洋子の一段と高いあえぎ声が響きわたりました。
「あっいま、挿入したな」と、直感でわかりました。

そして田中さんの右腕が前後に、ゆっくりと動き始めました。
その動きに合わせるように、田中さんの背中の左右から洋子の太股が見え隠れしています。

ブーン・・グーンと、2種類の音が田中さんの腕の動きに同調するように聞こえ、そして妻のあえぎ声も同じように響いています。
田中さんが、ちらっと後ろを振り向いて私を見ます。

そして目で合図を送り、こちらに来てくれと言っているようです。
私は勃起したものを急いでしまうと小部屋から出て、妻と田中さんが痴態を繰り広げているスタジオに入りました。

そして真正面から見た二人は、妻の左手に握られているローターは乳首に当てられ、妻の長い脚は田中さんの肩にかかっています。
田中さんの右手に握られている黒いバイブが妻の中を出たり入ったりするたびに、その太股がひくひくと痙攣し、ほっそりしたウェストが波うち、息も絶え絶えにあえいでいます。

グチャグチャという音も聞こえ、黒いバイブに白濁した洋子の愛液がまとわりついているのが見えます。
陰毛は、その愛液でびしょびしょに濡れて下腹部に張りついています。

田中さんが目でカメラを指しています。
私はふらふらとカメラをとり、パシャパシャとその様子を撮影しました。

さらに驚いたのは、妻が残った片方の右手で空中をさまよう様に何かを捜しています。
そして妻を責めている田中さんの太股を捜し当てると、そのまま中心部に移動し始めました。

そして、ズボンの上から田中さんのものをさすり始めたのです。
私は驚いて田中さんに近寄ると、田中さんがそっと小声で言います。

「実はこの間、奥さんの撮影の終わり頃こんな状況になって、奥さんは隣にいた補助の人の物を触っていたんだよ。もちろんズボンの上からだったけどね。そしてそのあと、奥さんのここに指を入れて逝かせてあげたんだ」
「なんてことだ、てっきり私の帰った後、やったとしてもオナニーぐらいかと思ったら、他人の男の指を挿入させていたなんて」

そんな田中さんと私の様子を妻は気づいていますが、もう止められないと思ったのか、ぐいぐいと田中さんに腰を押しつけていきます。
不思議と怒る気持ちがなくなり、妻に口づけをしました。

すると洋子は、積極的に舌をからめてきて私の唾液を吸います。
口を離し、妻に言います。

「洋子、気持ちいいのか?」あえぎながら、
「うん、逝きそう、本物が欲しい」と言います。

その様子を見た田中さんが「ご主人代わります」と言い立とうとします。
すると洋子は、田中さんの首に太股を巻き付けて離さないようにするではありませんか。

「えっ、洋子・・・田中さんのか」と聞くと、
「あっあっ、そう、ごめんなさいあなた、いいでしょ」とあえいで言います。

意を決して私は田中さんに言いました。
「あの、そのまま、田中さんのを洋子にあげてください」

「えっ、そんな、やっぱり、奥さんはご主人のでないと・・・」と言いますが、
「いいえ、後で私もします。しかし、今はそのままで」と言うと、田中さんはコクリとうなづき、器用にズボンとトランクスを脱ぎました。

田中さんの物もやはり天を向いて勃起していて、先からは透明な汁が出ています。
そして右手に握っていたバイブを洋子から抜き、代わりに左手に自分の物を握りました。

ヌチャヌチャと、洋子の濡れた陰毛の中を田中さんの先端部が泳いでいます。
時々ヒダをこすっているようです。

そのたびに洋子は「あっあっ」と言い、腰を浮かし、クネクネしています。
田中さんは狙いを定めると、一気に妻の壺にめがけそれを突きたてました。

洋子が「あっ」と小声で言い、洋子の長い脚は田中さんの腰を締めつけました。
田中さんは、そのまま洋子に覆いかぶさるように激しいピストン運動をはじめました。

ぐちゃぐちゃと濡れた音と、「うっうっ」と言う妻の声、そして、田中さんが動くたびに吐き出す息の音が聞こえます。
私はそんな二人の痴態を見て、ぼーっとしてしまいました。

そしてズボンとパンツを脱いで、いきり立った自分の物を取り出しこすり始めました。
しばらくすると耐えられなくなったのか、田中さんが「奥さん、奥さん」と言い始めました。

「もうダメです」と言い、おもむろに妻から離れると、今まで妻の中に入っていた田中さんの物もスポンと言う感じで抜けました。
妻の白濁した愛液が、田中さんの赤黒い物にまとわりついています。

そして、抜くと同時くらいに田中さんは射精し、妻の濡れた陰毛に白い液体をまき散らしました。
田中さんがオナニーをしている私を見て妻から離れ、私の手を取って妻の脚の間に入らせました。

私もたまらなくなって妻のそこに挿入しました。
妻のそこは、ぬめぬめとしていて異様に熱い感じがし、ついさっきまで他人の男の物が入っていて暴れていたと思うと、一気に上り詰めてしまいました。

下を見ると、さっき田中さんが出した白い精液が妻の黒い陰毛に上にかかっていて、ますます情欲がかき立てられ、奥に突きたてると子宮に届くように射精してしまいました。
ふと廻りをみると、その田中さんはカメラを持って私達のSEXを撮影していました。

洋子から自分のを抜くと、その中心部から私の出した精液がだらだらとたれてきていて、それも撮影しています。
全てが終わって、田中さんの家の風呂を借りて洋子と二人で入り、今までの名残を洗い流しました。

服を着替えて田中さんの所に戻ると、お互い気まずい感じかと思ったのですが、私は努めて明るく振る舞うようにしました。
田中さんが「すいません、こんな事になってしまって、写真だけではなく、実物を頂いてしまって」

「いいんですよ。私も洋子も了解した事だし、それに妻がこんなに淫乱だったのを発見したし」
と言うと洋子は、恥ずかしいのか赤くなってうつむいてしまいました。

「田中さん、今回の件も、そして写真も、絶対に」
「はい、それはよく判っています。絶対に表には出しません」

「そうして下さい。あの、それで、お願いがあるんですが」
「あっなんでしょうか」

「撮影した写真、出来上がったら、私達にも欲しいのですが」
「なんだ、お安い御用です。出来上がったらご連絡して、後でお届けします」

と言って田中さんに家を後にしました。
帰る時に、田中さんに妻がアルバイト料をもらっていました。
家に帰って中身を見ると、今回の金額に+3つ分が入っていました。

彼氏の希望で彼女のオマンコは大勢のおもちゃん(まりさん)

▼次のお話