【野外露出調教漫画】粟岳高弘(あわたけたかひろ)さんのシュール&エロティックな世界

2021年11月24日

DUGA

寝取られ性癖を拗らせ中の皆様、こんばんは。

本日は、NTR要素は無いのですが、野外露出&調教フェチにはたまらない粟岳高弘/あわたけさんの同人作品をご紹介させていただきます。

最近の粟岳高弘/あわたけさんは、一般向けの作品をリリースされていることが多くて、その独自のシュールな世界観はまるでトリップしたかのような感慨を与えてくれます。

そんな粟岳高弘/あわたけさんも2000年代には野外露出&調教物のアダルト同人誌を多数リリースされていまして、どの作品も素晴らしくエロティックです。
可愛い女の子が野外露出を強要されたり、大勢の男達に陵辱される内容は、NTRフェチの皆様の欲情も激しく刺激してくれることでしょう。

今回はその中でも、僕が購読したもので本番シーンもあるエッロエロな作品をピックアップしてご紹介させていただきます。

↓ぜひこちらもご訪問下さい。
粟岳高弘/あわたけさんのTwitterアカウント
粟岳高弘/あわたけさんのCienアカウント

裏の林にある

裏の林の中にある謎の石柱。
露出願望のある女の子がその石柱に触れると、その性癖を叶えてくれるらしい。

友達と一緒に、興味津々で石柱に触れてみた女の子。
するといきなり瞬間移動して、秘められた露出&陵辱願望が次々と叶えられていく。

その内容は次第にエスカレートしていき、最後は大勢の男達に次々と中出し輪姦される2人の女の子。

↓ご購読はこちら

裏の林にある

引き戸の先に

雑誌の募集を見て、応募してきた調教志望の女の子。
これから自分の身に訪れる凄惨な陵辱を想像してドキドキしていると、奥の部屋に通された。

部屋に入るといきなり緊縛され、初めて会った男に中出しされ処女喪失。
その後は家畜のように扱われ、御主人様の性処理道具に。

さらに大勢の男達からも中出し輪姦されて、願望を満たされた女の子は大満足。
その後も、陵辱を受けにこの部屋を訪れてしまうのだった。

↓ご購読はこちら

引き戸の先に

路地裏でうろうろする

アパートの風呂が故障して、仕方なく銭湯を訪れた女子大生。
その銭湯は怪しい雰囲気で、服を脱いでから浴室まで裸のまま路地裏を移動しないといけない謎の構造。

間違えて男湯に入った女の子は、見ず知らずのおじさんに身体を弄られ、裸のまま一目散に逃げ出した。
そんな姿を露出狂と勘違いされた女子大生は、裸のまま街中を連れ回され、最後は大勢の男達に中出し輪姦。

とんだ災難にあってしまった女子大生。
しかしその出来事がきっかけで、露出&陵辱性癖が目覚めてしまう。

↓ご購読はこちら

路地裏でうろうろする

ビルの間に温室がある

古本屋を訪れた女子大生。
しかしその古本屋は路地裏の奥に移転して、謎の温室になっていた。

そこで沼に嵌った女の子は裸になって水浴び。
服を盗まれ、腰ミノ一つになった女の子。
そんな破廉恥な格好の女の子に、古本屋の店長と常連客の魔の手が。

↓ご購読はこちら

ビルの間に温室がある

真冬にうろうろする

裸で散歩しているところを後輩の女の子に見つかって、脅されている女子大生。
雪山に連れてこられて露出を強要。

色んな所を裸で連れ回されているうちに、突然現れたのは後輩の石川くん。
後輩の男の子にも露出癖を知られてしまった女の子は、野外で中出しレ○プ。
温泉に入っている最中も犯され続けます。

↓ご購読はこちら

真冬にうろうろする

瓜頭総集編

西の林・一作目、謎の存在に娘さんが裸にむかれて、調教されてゆく話。
東の沼・一作目の友達の娘さんが野外で調教されてゆく話。野外が中心。
南蓑荷・本屋の娘さんが客や瓜頭によって調教されてゆく話です。店内で全裸。
瓜頭(前)・さらなる調教を受けてゆく一作目の娘さん。全裸で野外生活とか。
瓜頭(後)・調教を受けつづけた一作目の娘さん、いつしか街中の求めてくる全員の相手をする様に。全編全裸です。

瓜頭総集編より引用

目に見えない障壁で封印された街。
そこは、謎の瓜頭が街中の人間を支配していた。

瓜頭に指名された女の子は、街中の人間の性処理道具にされ、いつでもどこでも中出しセックスを拒むことが出来ない。
しかしそれは、女の子の潜在的な願望を読み取った瓜頭による調教だった。

↓ご購読はこちら

瓜頭総集編

NTR大魔神コキュ太郎の一言

どの作品も、素晴らしい世界観とシュールなストーリー・シチュエーションに魅了されます。
その中で繰り広げられる陵辱と輪姦。
しかしそれは、女の子が持つ願望を具現化するものだったという設定は、非常に濃密なエロティシズムを感じさせます。

どの作品にもNTR要素はありませんが(瓜頭総集編の「東の沼」は、ちょっぴりNTR要素があります)、これらの作品の陵辱・調教・輪姦の描写は、充分にNTR性癖を刺激してくれるものでした。

巷にはびこる、NTRを謳っただけの粗悪な漫画。
温泉旅館でチャラ男orキモいオヤジに犯されて「わたし穢されちゃった…」的な、他にもいくつかパターンがありますが、過激な本番シーンのみで読者を煽るような駄作には、もう心底うんざりです。

やはり真にチンピクする漫画というものは、シチュエーション・設定・ストーリーがしっかりしていて、肝心の本番シーンのボリュームが少なくとも充分に興奮させてくれます。
あえて僕がご紹介していない有名なNTR漫画も数多くありますが、なぜ取り上げないかというと全くチンピクしないからなんです。

粟岳高弘/あわたけさんのように想像力を働かせて、もっと自由な発想で世界観・ストーリーを構築したNTR漫画が出現して欲しいと切に願います。
「NTR漫画とはこうでなくてはならない」などという決まりなど存在しないのに、なぜ皆が皆、画一的なストーリーや設定になってしまうのか僕には理解できません。

しばらくガチの成人向け作品から遠ざかっておられるようですが、いっそ粟岳高弘/あわたけさんにNTR漫画を描いていただきたいものです。
おそらく素晴らしい作品になることでしょう。

コキュ太郎

可愛らしい絵柄と相反するような、過激な陵辱の描写。
そのギャップに、貴方のチ○コもノックアウトじゃろう。
実写では再現不可能な世界観は、漫画ならではの魅力を感じさせてくれるわい。
粟岳高弘/あわたけさんには、ぜひガチのNTR漫画を描いていただきたいが、難しいかのぉ…
もし実現したら、10冊ほど大人買いさせてもらうんじゃが。

三条あきの寝取られパパ