【寝取られ同人漫画】月夜のみだれ酒 人妻寝取らせ漫画の最高傑作 前・後編をご紹介

2021年12月5日

DUGA

刺激が足りなくて妻とセックスレスになっている皆様、こんばんは。

本日は、HGTラボさんの「月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~」の前・後編をまとめてご紹介いたします。

HGTラボさんの漫画は、↓こちらの記事で以前にもご紹介させていただいております。
ストーリーやシチュエーションは奇をてらったものではありませんが、構図やシーン展開、圧倒的な画力と書き込みの細かさ、そして巧みな心理描写により、非常にリアリティのある生々しいNTR漫画を描かれる作家さんです。

本作も酔っ払った夫が後輩を家に連れてきて…
という展開はありふれたものですが、そのリアリティとエロ度の高さはこれぞプロの漫画家の仕事と言えるもので、なまじそこいらの同人作家では足元にも及ばない圧倒的完成度の作品でした。

そんなNTR漫画の傑作が、前篇、後編、各220円というリーズナブルな価格で販売されていますので、NTRフェチの皆様にはぜひお読みいただきたい逸品です。

月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(前編)

↓商品説明

「私……こんな……っ 夫の目の前で…」

清楚な専業主婦、秋葉絵理(29)は
夫と平穏な日々をすごしていた。
淡々とした夫婦の日々に明け暮れながらも、2人は確かに愛し合っていた。
酒好きの夫は ある夜、
会社の同僚、中島悟(28)を
家に招き入れて、楽しく酒を飲み合う。
しかし…
酔っ払った中島は、夫の目を盗んで絵理の豊満な肉体を執拗にまさぐり始める。
「んんっ… んあっ…んぁぁ…」
3年SEXレスの熟れた肉体に濃厚な愛撫…
絵理は必死に抵抗するが…そのまま……!

………それは終わりの無い……
官能的で淫らな日々の始まりであった。

人妻のNTR(寝取らせ)漫画です
人妻が夫の目の前で
同僚に犯●れ、罪の意識にさいなまれながらも
淫らに変化していきます。

この漫画は前編です。

66ページ+カラー表紙
作者・サークル名  HGTラボ

月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(前編)より引用

作品紹介・見どころ

夫との最後のセックスから3年、酔った夫が会社の後輩・中島を家に連れて帰ってきた。
夫だけだと思って出迎えた妻の絵理は、うっすらと下着が透けたネグリジェ姿。
そんな絵理のセクシーな姿を見逃さず、鋭い視線で見つめる中島。

3年間もセックスレスと聞かされた中島は、夫の悠治の目を盗んで絵理の身体に悪戯。
絵理の熟れた肉体は、本人の意志に反して夫以外の男の指先に敏感に反応する。

感じている姿を中島に悟られ脅された絵理は、ついに酔いつぶれた夫の目の前で中島とシックスナイン。

3年ぶりに咥える男のペ○ス。
そして3年ぶりのクンニに、潮を吹きながら絶頂に達してしまった絵理。

中島の精液を飲み干し、ペ○スから口を離した絵理が見たものは、二人の淫らな行為をじっと見つめる夫の姿だった。

▼続きはこちら▼

月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(前編)

月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(後編)

↓商品説明

「あ…あなた以外の人で…っ 気持ち良くなっている私なんか…見ないでぇ…」

清楚な専業主婦、秋葉絵理(29)は
夫と平穏な日々をすごしていた。

酒好きの夫は ある夜、
会社の同僚、中島悟(28)を家に招き入れて、楽しそうに酒を飲み合う。
しかし…
酔っ払った中島は、夫の目を盗んで絵理の豊満な肉体を執拗にまさぐり始める。
絵理は嫌がったが、3年SEXレスの体は濃厚な愛撫に
抵抗できなかった……!

そんな事があったとは知らず、次の日も夫は中島と家で酒を飲むのであった。

夫が酔いつぶれて眠っている側で、再び濃厚な愛撫を受ける絵理…
嫌がりながらも絵理の膣は中島の肉棒を求めていた。

そしてついに超える最後の一線……!!
絵理は眠っている夫の横で
別の男の肉棒を膣に埋め込み、あえぎ狂う。
夫では一生味わう事の出来なかった圧倒的なSEX!

しかし…
絵理が夫の方に目を向けると、2人のSEXを凝視していた!

この漫画は後編です。
前編を読まなくても楽しめますが、
より楽しむために前編も読まれる事をお勧めします。

78ページ+カラー表紙
作者・サークル名  HGTラボ

月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(後編)より引用

作品紹介・見どころ

他の男との情事を夫に見られた。
そう思った絵理は思い切って夫に尋ねるが、夫は知らぬふり。

そして夜もふけ、またしてもやってきた中島。
この日も酔いつぶれた夫の目の前で、中島に熟れた肉体を弄ばれる。

明くる日、中島のことを夫に打ち明けた絵理。
警察に通報すると聞かされ、あの淫らな行為が終わってしまうことに一抹の寂しさを覚え、自ら発情した肉体を慰める絵理。

自宅を訪れた中島の謝罪を受け入れ、これで全てが終わったはずだった。
しかし、またしても繰り返される淫らな陵辱。

そして中島の性技に堕ちた絵理は、ついに夫以外の男のペ○スを受け入れて3年ぶりのセックス。

久しぶりのセックスに、何度も絶頂に達した絵理。
夫に対する罪悪感にさいなまれる絵理が見た光景は、二人のセックスを見ながらペ○スを擦る夫の姿だった。

▼続きはこちら▼

月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(後編)

NTR大魔神コキュ太郎の一言

ストーリー、画力、シーン構成、構図、心理描写、全てにおいて完璧と言ってもいいほどの完成度でした。
もうちょっとユルいところがあってもいいかもと思えるほどに、NTR漫画として完璧な作品だと思います。

エロ度の高さも申し分ありませんので、動画に疲れた方はたまには漫画を見てみるのもいいんじゃないでしょうか。
前編には本番シーンはありませんので、前篇、後編合わせてのご購読をオススメいたします。

コキュ太郎

うーん、こりゃすごい作品じゃ。
エロ度激高で、最後までチンピクで読みふけってしもうた。
駄作だらけのNTR漫画界で、もっともっと注目されてもいい作家さんじゃのぉ。
久々に、自信を持ってお勧め出来る作品じゃった。

↓ご購読はこちら
月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(前編)
月夜のみだれ酒 ~人妻は酔い潰れた夫の側で同僚に寝取られる~(後編)

三条あきの寝取られパパ