【寝取られ同人漫画】茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)(HGTラボ)

2021年9月16日

くすりエクスプレス

寝取られ魯山人の皆様、こんにちは。
性癖に貴賎なしと常々思っている、コキュ太郎です。

今回ご紹介するのは、HGTラボさんの「茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)」です。

作品紹介

美しく清楚な妻、詩織と夫の春樹の結婚式。
出席者の中に爬虫類のような目つきで、詩織を見つめる男がいた…

幸せな結婚生活を送る美男美女夫婦。
このあとに淫靡な罠が待ち構えていようとは、そのときはまだ誰も知る由もなかった。

茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)(HGTラボ)

そんなある日、不動産会社に勤める夫が自動車事故を起こしてしまう。
慌てて病院に駆けつける詩織だったが、幸い夫は無傷。
運転していた後輩の風間は1週間の入院を余儀なくされてしまう。

突然の電話で夫が病室から出て行ったあと、詩織は風間から驚愕の事実を聞かされる。

「本当は運転していたの俺じゃありませんから」
「俺がやったことにしときました」

なんと風間が夫の身代わりになったというのだ。
昇進間近の夫の身を案じて、詩織は風間の破廉恥な要求に応じてしまう。

茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)(HGTラボ)

最初は下着を見せて風間の自慰を助ける程度だったが、徐々に要求はエスカレートしていく。
身代わりになった風間に負い目を感じた詩織は、ついに風間の前に美しい乳房をさらけ出してしまう。

マシュマロのような柔らかな乳房をもてあそばれ、ついに風間の手は、夫だけのものだった秘密の部分に伸びていく。

茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)(HGTラボ)

▼続きはこちら▼

茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)

NTR大魔神コキュ太郎の一言

いい意味で「ねちっこさ」が感じられる作品です。

絵もとても丁寧に書き込まれていて、しっとりと汗ばんだような肌の質感まで上手く表現されています。

セリフに頼らない微妙な心理描写も巧みで、妄想力を掻き立てられます。

ただ一点だけ、
詩織が風間の身代わりの件を、いつまでも夫に聞かない設定は少し無理があるかなぁ…
まあマンガですから、細けぇことはいぃんだよって感じですね。

まとめとしては、絵もお話も充分に寝取られフェチの興奮を誘うもので、クオリティは高いと思います。

なにより、価格が非常に安いのが素晴らしいですね。
なんとそのうえ、無料の追加ボイスまで付いてくる充実ぶりです。
(専用のプレイヤー(DLsite Play)を使うとボイス入りで閲覧できます)

コキュ太郎

設定やセリフ回し、画力も非常に素晴らしい。
寝取られのツボをぐいぐいと押してくる作品じゃ。
擬音もエロさをより一層引き立てておる。
NTRフェチの方は買って損はないじゃろう。

↓ご購読はこちら
茜色に染まる若妻 ~病室で僕の妻が寝取られた~(前編)