【寝取られ同人漫画】満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~(多摩豪)

2021年9月16日

くすりエクスプレス

寝取られ天使の皆様、こんにちは。
日夜NTRネタを探し求める、コキュ太郎です。

今回は、多摩豪さんの作品「満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~」のご紹介です。

寝取られ同人誌は数あれど、なかなかコレはという作品に巡り合えませんね。

多摩豪さんの作品はどれも作画が素晴らしく、劇画チックではありますがエロ度が高いものばかりです。

この作品では旦那の存在が空気ですので、我々NTRフェチがツボにはまるストーリーではなく、「人妻凌辱物」といった感じの漫画なのですが、ねちっこい描写と、レベルの高い画力で充分にチンピクできるものとなっております。

作品紹介

優しい夫と子供たちに恵まれて、幸せな生活を送る倉田紗衣。
だが、紗衣の地味な眼鏡の奥に隠された美貌に目を付け、密かに狙いをつける男がいた。

近くの現場作業員のその男は、紗衣の人の良さに付け込んで家の中に上がりこむことに成功する。

満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~(多摩豪)

上がりこんだとたん、突然に紗衣に襲い掛かる瀧本。

身体を拘束された紗衣は抗うことも出来ずに、瀧本の巨根を受け入れてしまう。
中出しまでされてしまった紗衣に、瀧本は非情な言葉を告げる。

「これから平日昼は、毎日あんたを犯しに来る」
「あんたには暇つぶしの相手になってもらうぜ」
「一カ月我慢すれば平穏な日常が戻ってくるんだよ、奥さん」

幸せな家庭が崩壊するのを恐れ、紗衣は夫にも相談できなかった…

満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~(多摩豪)

一カ月の間、瀧本のおもちゃになることを選んだ紗衣。

ただ瀧本の凌辱を我慢して受け入れるだけだったはずが、熟れた紗衣の肉体は瀧本に開発され、徐々に制御不能になっていく。

ついに瀧本が来ない日には、紗衣は自分で慰めるように…

「俺に会いたけりゃ、朝の10時に錦糸町の駅まで来い」
「来るか来ないかは奥さんの自由だ」

とうとう紗衣は家族を裏切り、自らの意思で瀧本のもとへ行ってしまう。

満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~(多摩豪)

▼続きはこちら▼

満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~

NTR大魔神コキュ太郎の一言

う~ん、エロ度とボリューム的には申し分ないのですが、NTRフェチ的にはストーリーがありきたりで物足りなく感じられてしまいます。

「あっ、このオチね」といった感じで、意外性はありませんでした。

ただ、画力は素晴らしく、書き込みも非常に緻密ですので、エロ漫画として考えると完成度は高いです。

単純にエロい漫画をお求めの方は、満足されることでしょう。

コキュ太郎

これは見る人を選ぶ漫画ですなぁ。

完璧なNTRマンガを求める向きにはオススメ出来んが、エロい漫画を読みたいんじゃあ~って人は大満足かもしれん。

コキュ太郎的には、ストーリーはともかく、エロ度の高さで股間がピラミッドになったわい(笑)

↓ご購読はこちら
満ち足りたセイ活~狙われた眼鏡地味妻~