【寝取られ体験談】近所の仲良し夫婦3組で貸別荘でスワッピング

2021年4月6日

くすりエクスプレス

先日、近所で仲の良い夫婦3組で長野に温泉旅行へ行った。
K夫婦(夫38歳、妻26歳)、H夫婦(夫39妻38歳)、私たち夫婦はお互い33歳で、1泊2日で貸別荘をインターネットで予約した。

当日は、K夫婦の6人乗りの車で朝九時に出発した。
私は運転係で、その他の人たちはわが妻も含め車の中で宴会状態であった。

昼過ぎに到着すると、予約したのは別荘と言うよりはログハウスであった。
女性陣は大喜びであった。

目の前には、深さひざ上くらいの幅6メートルほどの川が緩やかに流れていて、その河原には石が積み上げられ囲まれて湯気を上げていた。
まさに露天風呂だ!

ログハウスに入ると、中は3LDKだが1部屋がとても広い。
二階にはジャクジーもある。
敷地面積は、なんと1500坪だそうだ。

皆で1時間ほど散歩をすることになった。
少し歩くと、迷子になりそうなほど深い森に囲まれてしまった。
慌ててログハウスに戻った。

Hさんが持ってきたバーベキュウセットを組立て、準備が整った。
みんな腹一杯バーベキューとお酒を楽しんだ。
日も沈み後片づけも終わり、家の中で飲むことになった。

9時過ぎに女性陣が露天風呂に行った。
男たちがテレビを見ながら酒を飲んでいると、妻たちが盛り上がっている声が聞こえた。
まだ酔っぱらっているようである。

「だいじょうぶかな?」とHさんに言うと、二階から覗こうということになりバルコニーから四つん這いで眺めた。
彼女らは風呂に入らず裸で走り回っていた。
何をしているか理解できない。

さすがにKさんの奥さんは、26歳でピチピチした小娘のように見えた。
逆にHさんの奥さんは、38歳中肉でお尻も大きくオッパイも少し垂れていたが、私には一番色っぽく見えた。

Kさんが「何やってんの」と言うと、妻たちはキャーキャー言いながら風呂に入った。
男性陣3人も、バルコニーにあるジャクジーに入る事にした。

とても星が綺麗であった。
だんだん気持ちよくなって、風呂に入りながら寝てしまった。
三人とも寝てしまった。

何分たったか分からないが、気が付くと女性陣もジャクジーに来ていた。
のぼせたので部屋に戻ると、バスタオルを巻いたままでリビングでビールを飲むことになった。
誰も服やパジャマを着ようとしないので、そのままでいた。

何を血迷ったか、いきなり妻が「王様ゲームをしよう」と言い出した。
王様ゲームのルールは、妻以外Kさんの奥さんしか知らなかった。
妻がキッチンに割り箸を取りに行っている間、Kさんの奥さんがルールを説明した。

男三人はマジな顔になったが、Hさんの奥さんは笑っていた。
私も初めてである。

妻はどこで覚えて来たのだろうか?
早速妻が持ってきた割り箸に印を付けた。

1回目、
王様はKさんの奥さんだった。

「2番と5番は、バスタオルを取って5秒間起立!」

なんとそれは私と妻だった。
私は妻とみんなに向かって立った。
みんながゆっくり1,2,3,4,5と数えた。

大歓声!!!
2人ともしゃがむと、タオルを巻くことを許されなかった。

2回目、
王様はKさんになった。

「4番5番は、裸で私たちの周りをゆっくり3周歩く!」

妻とHさんだった。
妻は、お尻と胸をぷりぷりさせながら歩きだした。

Hさんは恥ずかしそうにバスタオルを取って歩き出すと、私もKさんも顔を見合わせてしまった。
太くて長い逸物であった。
妻も足を止め驚いたようだった。

Kさんの奥さんがつばを飲み込んだ音が、私にまで聞こえた。
3回目の前に、妻がみんなにビールをついだ。
まるでピンサロ状態だ。

3回目、
Hさんの奥さんが王様。

「2番と3番がキスをする!」

HさんとKさんの奥さんだった。
初めての接触なので、Kさんの奥さんが恥ずかしがったが結局キスをした。
みんなキスを見ないで、Hさんのあそこが気になっているようだった。

TENGA発!早漏改善トレーニングカップ

4回目、
私が王様。

「4番は5番の性器を舐める!」

4番はHさん、5番はKさんだった。
男同士で、なんかいやな雰囲気になった。

KさんもHさんも、恥ずかしいのか酔っぱらっているのか赤い顔をしている。
Hさんは一瞬ではあったが、ぱっくり根本までくわえた。
みんな大笑い!!

5回目、
Hさんが王様。

「2番は5番の胸を後ろから揉む!」

2番はKさん、5番はKさんの奥さん。
夫婦どおしでなんかしらけそうだったけど、意外と生々しい!!
みんなかなり酒が回ってきている。

6回目、
王様は私の妻だった。

2番と4番はオナニーするところを見せる!男だったらスケベ汁が出るまで、女だったら濡れるまで!」

注文が多いのは妻の欠点である。
2番はKさん、4番は念願のHさんの奥さんであった。

Kさんは最初はちゅうちょしていたが、しょうがなさそうにしごき始めた。
Hさんの奥さんは「一番おばさんだから見てもしょうがないわよ」と嫌がって体を丸めた。

Kさんは一所懸命こすっているが立たず。
突然HさんがHさんの奥さんのバスタオルを取る。

真っ白な体がまぶしい。
そして後ろから羽交い締めをする。

あそこも足で広げた。
私たちに丸見えになったが、どうやらすでに濡れているようだった。

Hさんの奥さんは顔が真っ赤になった。
Kさんもそれを見て、やっと勃起し始めた。

Kさんの奥さんを見ると、興奮しているのが分かる。
3分くらいでスケベ汁が見え出す。

みんな興奮状態になってきた。
Kさんの奥さんがそろそろお終いにしましょうと言いだしたので、最後になった。

7回目、
王様はKさん。

「2番と4番はセックスする」

2番は私の妻、4番はHさんであった。
私はドキドキした。

妻は受け入れるだろうか、あの巨根を!!
みんなが息を飲んだ。
Hさんは恥ずかしそうだったが、嬉しそうでもあった。

妻は「みんな寝室に移動しましょうよ」と言って、奥さん2人の手を引いて行った。
その後をHさん、Kさん、私の順で付いていった。
私は少し勃起しそうになった。

部屋に入ると、ベッドルーム(ツインベッド)は10畳ほどで木の香りがする。
すでに妻は、ベッドに入って毛布を掛けている。

続いてHさんが毛布をめくり、ベッドに乗る。
他の者は、空いたベッドに腰掛け眺めている。

Hさんの手が、妻の胸をさするように揉みはじめる。
妻は目を開けて天井を見ている。

私も期待と不安が胸一杯で、はち切れそうである。
Hさんの手が胸から陰部に伸びた。

妻は目を閉じ、顎をつき出し少しだけ口を開けた。
しばらくすると妻の息が荒々しくなってくる。

クリトリス攻めから指入れに変わった。
恥ずかしさはすでに無くなったのか、妻の吐息はもだえ声、うめき声に変わり、完全に感じているようだ!

Hさんはさすが39歳、前戯が長い。
だんだんイライラしてきた。

二人は体を入れ替え69の形になった。
ピチャピチャ音がする。

妻の乳首はぴんぴんになっている。
Hさんのペニスもすごい太さになった。

いよいよ挿入という時、妻が「誰かコンドームある?」と言った。
私も興奮のあまりコンドームの事を忘れていた。

私とのセックスであれば安全日なのでコンドームの必要はないが、私に気を使ってくれたのか妻は意外と冷静である。
Kさんの奥さんが急いで取りに行った。

コンドームを装着するといよいよ挿入であったが、いきなりすっぽり入ってしまった。
妻はこれまでになく大きな声で、苦しそうなうめき声を上げている。

私は隣にいたHさんの奥さんの手を取り、Hさんの後ろに回った。
あそこの部分が丸見えの場所へ。

前後に動くペニスの周りに妻の愛液が白く泡立って、湿った音が聞こえる。
よく見ると、妻の茶色かかった赤い陰部に真っ黒いペニスがやけに太く見えた。

気がつくとHさんの奥さんが私のペニスを握り、顔を近づけていった。
年上の女の人は初めてである。
とても上手で気持ちいい!

女性も安心KIYOアダルトグッズ通信販売専門店

Hさんがフィニッシュを迎えた。
妻も目を白目にしていた。

するとKさんが妻のところへ、Kさんの奥さんが私のところへ来た。
夢に見た3Pだ!

Kさんはいきなりコンドームも装着せず妻に入れようとしたが、奥さんに「付けなさい」と言われていた。
私も空いてるベッドに移り、妻を見ながらKさんの奥さんの胸を舐め、Hさんの奥さんを指でいじくり回していた。

Kさんの奥さんが私の上に乗り騎乗位の形になったが、するりとすり抜けHさんの奥さんの股の間に入り正常位の形になった。
このまま挿入しようと思ったが、コンドームが何処にあるか見あたらない。

Hさんの奥さんが「いいから早く入れなさい!」と言った。
入れるとそこはパラダイス。

入り口は少し緩めだが、中の方で絡みつく感じがたまらない。
1分位でいきそうになったので、一度抜いた。

あまり早くの射精では格好悪い。
すると待ってましたと、Kさんの奥さんに迫られた。

Kさんの奥さんは肌が綺麗だ。
挿入すると締まりが良い。

「これが20代の女だなぁ」なんて思っていたら、膣内のヒダがうねうねとペニスに吸い付いてきた。
数回腰を振ったら射精をしてしまった。

射精寸前に腰を引いたが、ペニスを抜くと精液があふれ出てきた。
Kさんの奥さんは、私がコンドームを付けているものと思っていたらしい。

しかし中出しには気が付かず、Kさんの奥さんはぐったりと寝てしまった。
Hさんの奥さんは、しぶとくもまたしぼんだ私のペニスをくわえた。

おねだりするように!
わたしはHさんの奥さんの方が好みである。

Kさんが妻でフィニッシュを迎えた。
Kさんと妻はがっちり組み合って、深くペニスの痙攣を感じあっているであろう。
なかなか離れない。

いよいよHさんの奥さんに再突入が始まった。
普段大人しく真面目そうに見えたが、セックスはかなり激しい。

隣のKさんが休憩なしで、妻と抜かずの2回目が始まった。
こちらも負けじと頑張った。

Hさんの奥さんはとても色っぽい。
しかし体位を変えながらも15分は頑張った。
2度目の射精も終わった。

少し後にKさんと妻も2度目のフィニッシュを迎えた。
Kさんも2発目とあって妻の上に崩れた。

私はKさんと妻の結合部を覗いた。
まだ勃起しているようだ。

妻が体を揺らすとペニスが抜けた。
やっぱりコンドームをしていなかった。
しかし精液は中から出てこなかった。

私も妻とやりたくなった。
妻のベッドに行こうとしたらHさんが復活してきた。

どうして妻ばかりと思ったが、妻も気持ちよさそうなので黙って見ていた。
今度ももちろんコンドームは着けていない。

夜三時、3組に別れ部屋に入って寝た。
私はHさんの奥さんと、妻はKさんと、HさんはKさんの奥さんとだ。

結局この夜、妻とは交わる事はなかった。
部屋に入った後も、私が寝てしまうまで妻のあえぎ声は聞こえてきた。

翌日9時に起きるとHさんの奥さんは隣におらず、下に降りていくと女性3人で朝食を作っていた。
素っ裸の私に「服着なさいよ、みっともない」と言ったのは妻だった。

そのあと男3人で露天風呂に入り、各々の妻たちを誉めあった。
帰りの車ではみんな寝ていたが、Hさんの奥さんは助手席に座って、私が居眠り運転しないように尺八をしてくれた。

これから私たちは、半年に一度旅行に行く事になった。
避妊は必ずするルールも決めた。

いつまで続くか分からないが、裸のつき合いもいいものである。
いつか新メンバーが来るのが楽しみだ。