【寝取られ体験談】妻が寝取られるまでの長き道のり

2021年3月31日

くすりエクスプレス

「いや~奥さんの口で抜いてもらいましたよ。舌使いよかったですよ。車の中でBまででしたが」
そう聞いた時、今までとは違う感情、妻がとうとう一線を越えたかと思いました。
妻(37歳)が男(43歳)に口説かれていく過程、抱かれるまで1年近くかかった長い道のり。

掲示板で知り合った男、こちらの地方に月1~2の割合で出張で来る男です。
そう大きくない市ですから知り合いに妻をとはいきません。

妻はショッピングセンターの喫茶店で働く女。
開店が10時ですが9時半くらいに出かけ品物の欠品なども調べます。
パートを終えるのが4時、また2人(女性)で働いている為、妻が一人になるのはもう一人が休憩中の30分くらいだけです。

そんなことをメールで話しました。
20回近くのメールのやりとり。
そして私と男が顔を合わせました。
名刺それから免許書などで素性確認、しっかりした身元で紳士的な男でした。

男が妻の喫茶店に初めて行き、その後、私と電話で話した時の興奮は凄いものでした。
「真面目そうな奥さんですね。細身でいいです。カウンターに座りじっくり見させてもらいました」
「話はあまりできませんでした。こちらに出張で来てるので回数券を入れましたよ。いえいえどうせこちらでの仕事暇ですし」
男の目が妻を品定めしていることに、たまらなくなりました。

男は妻の喫茶店に出向いた後、必ず報告を入れてくれました。
少しずつですが、男と妻の距離が近づいていくのがなんとも言えない興奮でした。
真面目な妻、男の問いに素直に答えて行く妻です。
これだけでも2ヶ月ほどかかりました。
子供2人、趣味など、男の口から妻のことを聞くのも凄い興奮でした。

昼過ぎの暇な時間、男と妻のカウンター越しの会話。
男から聞く会話内容もそれなりに興奮しました。
ただ他のお客さんもいる場合も多く、口説くのは難しいということでした。

男と妻との何気ない会話も私にとっては興奮の材料ですが、ここをお読みになられる方には少々まどろっこしいと思います。
月1~2の出張、最初のころは妻のローテーションが掴めず苦労したようでした。
妻ともうひとりのパートが居れば、思うように話せませんからね。

客と従業員という関係、そして少しずつ会話が成り立っていく経過、そしてメルアド交換、このメルアド交換まで4ヶ月くらいでしょうか。
メルアド交換すれば、お互い離れていても会話は成り立ちます。
メルアドを渡す時に妻が言った言葉。

「メルアドだけですよ。それと昼だけで夜はメールは無理です。それとここ(喫茶店)にいる時間は返せません。」
「返信はパート上がる4時以降になります。それでもよかったら。軽いお話で・・」
妻が男にメルアドを教えた日、妻をドキドキしながら見ました。

男からの連絡が私に入ります。
「メールはいいですね。奥様が一人になる時間(喫茶店)も教えてくれます。今までみたいに無駄なことはないですよ」

メルアド交換して1ヵ月後くらいに、
「奥さんに夜のほうはどう?と冗談で聞きました。時々ある・・って。それと顔文字でした」
「デート誘ったんですが、パートもあるし夜も出れないし無理無理・・と軽く断られましたが、脈はありそうな感じです」

私は男と妻のごく普通の会話も興味があり、男にボイスレコーダーを渡しました。
男がいつも持ち歩いてるシステム手帳にでも挟んで、カウンターに置けば聞こえると考えました。
男も乗り気でした。
ただ後で聞いてみると男の声は聞こえますが、妻の声は距離があるため途切れることも多かったです。
喫茶店内は軽く音楽がかかっているからかもしれません。
これは数回で断念しましたが、興奮した会話を少し書きます。

男「奥さん、暇な出張ですからここ来るの楽しみですよ」
妻「まぁ嬉しいことを」
男「小ぶりなお尻でいいですね」
妻「そう小さいだけです」

男「浮気経験アリ?」
妻「ない、ない、ないですよ」
男「一度お手合わせを・・・笑」
妻「一度じゃね~・・・笑」
男「今度、ドライブでもどう?レンタカーだけど・・笑」
妻「パートあるし・・・夜は無理・・で無理・・笑」

これは日もバラバラで少し嫌らしい感じ?冗談半分で男が誘い、妻が軽くかわしてる会話です。
ほとんどがごく普通の会話がメインです。
急がば回れということでしょう。
そんなことで月日が流れ急展開です。
昨年の春過ぎというか夏前です。

私が会社に戻ったのが5時過ぎ、携帯をデスクに置いたまま出かけていました。
携帯を手に取ると男からのメール、そして着信がありました。
いつもとは違う時間帯の連絡であり、何か妙な予感。
すぐメールを返信しましたが、すぐには帰ってこず、帰宅途中連絡が取れました。
男が電話で私に話した事柄を情景として描きます。

帰宅途中、ようやく男と連絡がとれました。
そして出た言葉、

「いや~奥さんの口で抜いてもらいましたよ。舌使いよかったですよ。車の中でBまででしたが」

男の話です。
いつものようにメールで、妻が一人になる時間を聞いて喫茶店に入りました。
まだもう一人のパートがいましたが、すぐに休憩に行ったそうです。

妻が唐突に、
「ドライブ行きます?実は早めに上がって友達と買い物の約束してましたがドタキャン、子供のことみたい」

予め予定してたならレンタカーでも借りる手はずでしょうが、いつもどうり社用車のバン。
ドライブにはとても似合わない車です。
ここを逃がしてはという思いから男は、
「バンでもよければ・・・」

妻、
「でも変なこと無しですよ。4時までに帰るけど・・・」

妻は待ち合わせ場所(働くスーパーではマズイのでしょう)を男に伝えます。
パートの方には買い物の約束がドタキャンとは伝えてありません。
しばらくで喫茶店を出る男。

少し離れたホームセンターで、妻は男のバンに乗り込みます。
妻は身を隠すように、シートを下げて倒したそうです。

男はどこに行ったらいいやら途方にくれたそうです。(地元ではないですから)
山側に車を走らせて欲しいと妻が言ったそうです。
ときどき体を上げて、道順を指示する妻。
暫くすると妻はシートを戻したそうです。
どこか寂れたような道、そして川、やがて車は河川敷に停められました。


「ドキドキしますね・・・でも、変なところ入られるかと思って心配でした・・」


「変なところって?ホテル?地元じゃないですから、時間もないでしょ?・・」
車内に淫靡な空気が流れたと思います。
男は勝負に出たそうです。

「奥さん・・・」
キスをしようとすると妻は拒んだそうです。
でも形だけ・・

胸を触りもう一度キスをしようとすると、妻は目を閉じたそうです。
胸をさわり、薄いカーディガンのボタンを外す男。
そしてシャツのボタンを3つほど外すと、白いブラジャーが見えたそうです。
ブラの脇から乳房を出して、乳首を舌で転がすように舐めた男。

「ご主人、奥さん、とても嫌らしい乳首でしたよ。黒く大き目で、体とは似つかわしくない・・」
電話越しに聞こえる男の声に、股間が熱くなる私です。

妻はしきりに外が気になる様子で、
「誰も見てないですね?見てないですね」と繰り返したそうです。

理想の恋人、結婚相手をハピメで探そう!(18禁)

長めのスカート、ヒラヒラしたスカートを履いていた妻。
スカートを上げると、ストッキングに押し込められたベージュの下着。

「急にだったから普段の下着で・・・」
恥ずかしそうに言ったそうです。
ストッキングを下ろそうとしたときも少し拒んだそうです。
でも形だけ。

やがてシートを倒され、下半身を丸出しにされた妻でした。
上だけが、かろうじてつけられた妻。

「ご主人、奥さんの開いてしっかり見せてもらいました。濡れていましたよ。嫌らしく陰唇が充血してクリも凄く大きくて・・・」
男は指先で妻のクリを優しく撫でたそうです。
ピンクの突起が飛び出し、妻は声を上げたそうです。

激しく擦ると2分ほどで妻は声を出し体が硬直し、やがてぐったりしたそうです。
一度いったのでしょう。
男はズボンを下ろして妻にアソコを触らせました。

妻は身を起こしスカートを直したそうです。
男と妻の目があった時、とても恥ずかしそうな顔をして、それをごまかす様に妻は口に含んだそうです。
洗っていない男のものをです。

不器用に妻は男のものを舐めていたそうです。
でもそれも妻の羞恥心からだったようです。


「奥さん、舌使ってください。恥ずかしがらず思いきってください。2人だけの秘密ですから・・」

そう言った男の言葉に、妻はふっきれたのでしょう。
カリを嫌らしく舌先で、そして竿を丹念に上下に舐め、竿を手でしごきながら袋も吸いだすように舐めだしたそうです。
男は妻に顔を向けて舐めるように言うと、妻は恥ずかしそうに目を合わせ舐めていたそうです。
やがて男も果てる時が来ました。

「奥さん、出ますよ。口でいいですね・・・口で・・」
妻は咥えたまま2度ほどうなずいたそうです。

「ご主人、私も年甲斐もなくたくさん出しましたよ。奥さん、しっかり受け止め、しばらく吸い出すように咥えてましたよ」

妻は口から男のものを外しました。
そして、
「飲んじゃった・・」と、照れながら言ったそうです。

初めての性交渉を終えた2人を、何となく照れくさい空気が包んだそうです。
それを消すように男は、

「奥さん、今度ここに・・いいですね・・」
と言って、妻のスカートに中に手を入れました。
濡れたアソコに手を入れます。

妻は自らシートを倒します。
でも狭い車内では結合は難しく、手での愛撫になったそうです。
男の指が1本2本3本と入り、濡れた部分の奥へと入ります。
激しくかき回す男。
妻が男の首に手を回したそうです。
妻は凄い声を上げたそうです。

男は手を外すと、舌での愛撫に切り替えます。
「あっ・・・汚れてるかも・・・ダメ・・・」

そんな声は男には聞こえるはずもありません。
大きく広げられる妻の足。
妻も自ら足を抱えて、男の愛撫を受け入れたそうです。

アナルまで丹念に舐められた妻。
男の舌でぐったり果てたそうです。

時間が迫ってきて、男はもう一度妻の口で抜いてもらったそうです。
2度目は1度目より大胆な妻だったそうです。

「何処が気持ちいいの?」
そういいながら嫌らしく舐め、口で受け止め飲み干したそうです。

男からの一方的な会話に、喉の渇きが増すだけでした。
私は「はい、はい、そうでしたか・・」と簡単に答えるだけしかできませんでした。

男は最後に、
「まだ奥さんのアソコを味わってませんが、ここまで来れば簡単ですよ」
と言いました。
簡単という言葉に何か妻を侮辱されたような気にもなり、また興奮もしました。

自宅に帰るといつもの光景があります。
妻・子供・私・食卓・団欒・会話・・・でも私の気持ちはいつもとは違います。
昼間、男に体を見られた妻。
触られた妻。
舐められた妻。
肉棒を咥え、男の精子を飲み干した妻です。

妻、いや女の怖さを少し感じました。
昼間に男に触られ舐められ、舐めた妻ですが、いつもと同じ顔、仕草です。
男の浮気はばれやすく、女の浮気はばれにくいということを聞いてましたが、そのとおりです。
男の浮気は海面、女の浮気は深海でというところでしょう。

もう男と妻が結ばれるのは時間の問題です。
あえて遠くの男を選んだことが、なんとなく後悔されました。
近くの男なら、すぐに妻と結ばれるはずだと思いました。

翌月、男からメールが来ました。
「明後日、そちらに伺います。奥様はその日、昼からパート休まれるそうです。もしかしたら最後までいけるかも・・」

そして男と妻があった日の夕方、男からメールが入り、時間の空いた7時過ぎに電話で話しました。
車の中で男の電話を聞く私の背中に汗が流れます。
そして股間が熱く硬くなりました。

「ご主人、奥様のアソコに入れさせて貰いましたよ。凄く乱れましたよ。3回もしました・・・」

レンタカーで待ち合わせて妻を乗せた男。
妻は、
「今日はお任せします・・」とだけ言ったそうです。

車は少し遠いところのホテルへと向かいました。
ネットで調べたホテルだそうです。
妻はホテルの部屋に入ると椅子に座り、落ち着かない顔で部屋の中を見ていたそうです。
男から聞いた話を書きます。

シャワーを浴びようとする男。
シャツ、ズボン、下着を外し、妻の前に立つと妻は下を向きました。

男は妻の手をとり、堅くなったものを触らせました。
妻は2、3度それを軽く触ると椅子から体を下ろし、男の前に着衣のまましゃがみました。
そして口へと運び、咥えはじめます。
男は妻を見下ろし、妻の愛撫を楽しみます。

「奥さん、これほしかったですか?」
妻は咥えながら、首を2度ほど縦に振ります。

全裸でベッドへ寝た男のものを、妻はしっかり愛撫します。
男の手が妻の衣服を脱がせ始めます。
黒いショーツ一枚で愛撫する妻。
子供を生んだ30代後半の妻が、男の前に晒されます。

シックスナインの体勢になり、男は妻のショーツを下ろすと、そこは嫌らしく濡れています。
男の目の前で、妻の性器とアナルが披露されます。
男の舌が妻の下半身を舐め、吸います。
妻は時々男のものを口から離し、声を上げます。

愛撫を終えると、男は妻の上に覆いかぶさります。
妻の足を持ち、確かめるように挿入します。
素直に妻の中へ収まります。
妻は男の背中に手を廻し、男の激しい動きを受け止めます。

「これ欲しかった・・欲しかった・・」と妻が叫びます。
妻ではなく女が叫びます。
乳首がいやらしく硬くなります。
妻の愛液がアナルまで流れます。

「奥さん、これからいつも使うよ。いいだろ?ここ使うよ・・・」
妻は、
「いつでも使っていいから・・・いつでも・・」
私には「使う」という男の言葉が、とても興奮を誘いました。

女性も安心KIYOアダルトグッズ通信販売専門店

男は時々、妻との結合部を確かめるように見ます。
いやらしく妻の膣壁が絡まり、飛び出ます。

そして妻は、
「中で出してもいいから・・・中で欲しい・・たくさん出して・・」と言いました。
男はその日、妻を3度使用しました。
3度も男の精液を受け止めた妻です。
私は男との電話を終えると妻をむしょうに抱きたくなり、車を出しました。

男と妻が結ばれた晩、寝床に入り私の横で本を読んでいる妻の体を触ります。
妻が拒否するかとも思いましたが、妻は少し笑って私の手を楽しみながら本を読みます。
いつもとは違う私の胸中、昼、いや、8時間ほど前に男と結ばれた妻がいるのです。

妻の上に乗り、本をどけます。
妻の口へ舌を入れます。
男を咥えた妻の口です。

妻のパジャマの上を脱がし、妻の乳首を愛撫します。
男に愛撫された妻の乳首です。

妻は小さな声をだしました。
少し離れた部屋で寝ている子供を気遣うようにです。

妻の手はわたしの下半身を撫で回し、パジャマの中へと入ってきます。
「パパ、凄く固い・・・」笑顔でそう言いました。

私は妻のパジャマの下も脱がし、黒い毛を掻き分けて舌で愛撫します。
妻も私のズボンを下ろし咥えます。
シックスナイン、私は男と同じ行為を求めます。

枕もとの電気スタンドの灯りが、妻の下半身を照らします。
いつもとは違う妻の性器だと感じたのは、気のせいかもしれません。
ただ、赤く少し腫れている様にも見えたのも事実です。
そして茶色のアナル、男が私達夫婦と同じ行為をして同じように妻の体を見たかと思うと凄い興奮です。

夜、お風呂に入り男の匂いを消した妻ですが、私には妻の性器から男の匂いがするように感じられました。
既に何度も男に愛撫されて敏感になった突起を舌で転がすと、妻は「ウッ・・・アアッ・・・」と声を上げました。

正常位で妻を抱きます。
既に昼に使われた妻の性器。
スムーズに入っていきます。

妻は手足を私にからませて、しっかりと性器で咥えます。
「パパ・・いいよ・・・バックでして・・」あまり自分から求めない妻ですが、そう言いました。

妻から抜くと、妻は私のお尻を向けます。
赤く濡れた性器に入れます。
妻のお尻が少し赤くなっているのは、男が妻のお尻をしっかり掴みバックからした証拠かとも思いました。
出し入れすると妻の膣壁がからまり、アナルが息をしているようにヒクヒク動きます。
男も同じように見たはずです。

妻の奥に私の精液が注がれます。
何ともいえない興奮です。

私は妻から体を離すと、妻の膣がぽっかり開いているのが見え、すぐ閉じていきました。
そして白い精液が流れ出すと、私はティッシュで押さえてあげます。
妻は少し恥ずかしそうに、
「もう何枚か、ティッシュお願い・・・」と言いました。
そしてトイレに行きました。

男は出張で来るたび、妻を抱きます。
私の感覚では妻を使うという感じです。

妻にはそう自由になる時間が無い為、車の中が多いです。
そんな時はボイスレコーダーを男に渡し、後で返して貰ったこともありました。
狭い車内ですから、男の声と妻の声がよく聞こえます。
世間話、お互いの仕事、そして家庭のこと。

男「奥さん、スカート上げてよ。今日は白だね」
妻「もう・・・恥ずかしいから」
男「でも好きじゃないの?笑。恥ずかしいことが・・車の中も好きでしょ?」
妻「ドキドキする・・好きかも・・笑」

男「下脱いでよ、また見せて」
妻「もう・・・一応トイレで綺麗に洗ったけど・・・」
ウォシュレットのことかと思います。

男「奥さんの見えるよ。足広げてよ。指でそこ開いて・・」
妻「恥ずかしい・・・見える?ああ・・・見て見て・・」

男が妻の性器を触ってるような感じです。
妻の声が響きます。

男「奥さん、舐めたいでしょ?さぁしっかり舐めて・・」
男がガサガサと腰を上げて、ズボンを下ろしているような音が聞こえます。

男「あ・・いいよ、奥さんの舌使い。旦那にもしてあげるんでしょ?」
妻は答えずに、男のものを舐めてるようです。

男「乳首が硬くなってるよ」妻の胸元に男の手が入り込んでるのでしょう。
男「ウッ・・ウッ・・アア・・」妻の口へと精液が注がれました。
暫く間があり、

妻「飲んじゃった・・・・笑。気持ちよかったです?」
男「そりゃ気持ちいいよ。さぁ今度は奥さんが・・・」
男「足広げて。そう自分で持って。よく見えるよ。もうべチャべチャ・・・」
妻「誰も来ないですよね?ああ・・・凄い格好してる・・」
男「大丈夫、もっと大胆に・・好きでしょ?恥ずかしいの・・」

男「全部脱いで。誰か来たら、というか車来たら、そのコートかぶせれば大丈夫だから・・」
ゴソゴソという音。
妻が自ら脱いだいるのか、男の手で脱がされているのか・・。

男「奥さん、凄いよ。裸で・・・足上げて・・・」
妻「恥ずかしい・・・」
妻の性器を愛撫しているのが、妻の声でわかります。
舌と指で妻を責めてるのかもしれません。

男「奥さん入れるか?ここで・・・」
妻「欲しい。入れて欲しい・・・」

ガタっと扉が開くような音でした。
後でわかりましたが、男は外にでて、チャックをあけてアレだけ出して妻に入れました。
男のスーツの内ポケットに忍ばせたボイスレコーダーから聞こえる男の声。

男「奥さん、お尻向けて。そうそう」
妻の声が聞こえます。
男が動く度、雑音というかノイズが聞こえます。
3~4分でしょうか、男が果てた声が聞こえました。

車の中では、全裸でお尻だけを外に投げ出したような格好の妻がいるはずです。
妻と男の少し笑いながらの会話です。

男「奥さん、凄く興奮して早くでましたよ・・笑」
妻「私も凄い感じました・・笑。中から出てきたみたい。ティッシュで押さえてるけどわかる・・笑」
男「それ入れたまま家事するのもいいかも・・・匂ってきて旦那も首かしげたり・・」
妻「帰ってサッと流しますよ・・笑」

私のとってベストチョイスの男でした。
たんに妻を抱きたいと言う男なら何処にでもいますし、簡単に見つかることでしょう。
しっかりこちらの気持ちを掴んでくれ、妻と逢う前、そして後も連絡と報告はしてくれます。
電話でもそれがわかります。
わたしのツボを見透かしたような言葉を使います。

TENGA発!遅漏改善トレーニングカップ

「奥さんを使う・見た目とは違い凄く嫌らしいです・たっぷり注ぎましたよ・もっと淫乱にしましょうか・汚れて家に帰る奥さん」
丁寧に話しますが、私の寝取られとしての思いをしっかり把握してる男です。

また妻も、男と出会い変わりはじめていきました。
男の前だけですが、いやらしい女としての顔を持ちはじめます。

男がホテルで買ったバイブを、押入れの中に置かれてる旅行バッグに隠す妻。
男から隠してる場所を聞きました。
大きめのバイブ1本と、小さなものが2本というか2個ありました。
また、ローションとスキンも隠されてました。

男と逢えない日、妻がパートを休んだ時には電話で自慰を指示され、それを実行する妻でした。
昼に寝室で全裸になり片手に携帯、そしてもう片手は大きなバイブを握り、性器に突き刺す妻。
男にとっても急なことであったため、私は寝室にボイスレコーダーは仕込めませんでした。
でも、その光景を頭で描くだけで十分です。

ホテルの浴室で甲斐甲斐しく男の体を洗う妻。
男のアナルに舌を入れる妻。
そして、私も味わったことのない妻のアナルも男に奪われました。

ローションを塗られ、少しずつ妻のアナルに入る男のもの。
妻の顔がゆがみ、
「少しずつ、ゆっくりお願い」と懇願したそうです。
男から聞く話はとてもリアルでした。

何方かが妻が堕ちた理由は?と書かれてましたが、わかりません。
ただいろんな意味で余裕ができたから、私以外の男を知りたくなったのかもしれません。
子供も手が離れ、パートもお金の為というよりお友達に誘われて、暇つぶしのような感じでしたから。
また地元の男ではないので安心感があったのでしょう。
そして男の味を覚えたというところでしょうか。

どうしても夫婦間の性はマンネリしてしまいます。
また男は自分の妻にはできないこと、妻は夫にはできないことも男にはできるのでしょう。

洗濯かごに入れられた妻の下着、2度ほどですが男の精液がつき白くカサカサになっているようでした。
男からの連絡で下着の色も確認しましたから、男に中だしされ家に帰り、軽く洗い下着を替えたのでしょう。

私と男は、もう何ヶ月も顔を合わせていません。
接点は携帯だけです。
妻と逢う前に段取りのメール。
そして妻と逢った後のメールと電話です。

特に妻と逢った日の電話は、私を興奮させます。
人の妻を自由に使える優越感が滲んでます。
そして自由に自分の妻を使われる嫉妬と焦燥、そして興奮が私には芽生えてきます。

男からの電話は妻と逢った後、メールで話せる時間を打ち合わせて掛かってきたり掛けたりです。
大概、私は会社の駐車場の車で聞きます。
上を見上げれば、まだ明かりがつき社員がいることが多いです。
誰も、私が妻を抱いている男から電話を受けているとは思いません。

男「今日もしっかり奥さん使わせて貰いましたよ。体が軽くなりました」
男「バイブ持参。私の精液でドロドロのところに刺してあげました」

男「今日は喫茶店に行くともう一人いるパート、そして客もいませんでしたから、カウンター越しにパンチラを拝見しましたよ」
男「辺り見回して、スカート上げる奥さん。よかったですよ・・・」
男「大丈夫ですよ。奥さんも外から見えないことわかってのことですから」
時々相槌をいれるだけの私。

男「奥さんを上に乗せて、しっかり入った部分見ながら腰振らすのは格別です。細身ですからしっかり見えますよね」
男「スケベな言葉言わせて、奥さんも私に使われるたび嫌らしく大胆に変わっていきますよ」
男「奥さんの男性経験は知ってますか?・・・・」
暫し沈黙でした。

私「いいえ、よければ・・・お願いします。教えてください・・」
赤の他人から自分の妻の男性経験を聞く異常さが、私を興奮の渦に巻き込みます。

男「バイブで責めながら言わせました。言葉攻め?になりますかね・・」
男「一人目、処女捧げたのは短大1年の時。スキー同好会だったでしょ?そこで知り合った他の大学の男」
男「二人目、同時かも・・・パート先の店長というか上司みたいな男。30代後半らしいです」
男「そして一夜限りが2人。ディスコ?私らの時代ありましたよね。そこでナンパみたいです」

男「短大時代は正式に付き合ったのは3人みたいです。一夜限り抜かしてです」
男「社会人の時、取引先の男と暫く付き合い。そうそう、上司?40代の男もありました。不倫ですね」
男「そして会社内の男とも付き合いあったそうです・・・そして紹介で貴方ですか・・・」
男「10人くらいに入れられてますね・・」
結構男に抱かれていた妻です。
真面目な女だと思ってましたが・・・

旦那に言えないことも赤の他人には言えるのは、何となく理解できるような気がしました。
私「10人ですか・・・・」
男「ええ・・・」
暫し沈黙。

私「結婚後は何も?・・・・」
男「あっ・・はい・・・何もないかと・・私だけかと・・」
少し男の声のトーンがおかしく聞こえました。

私「いえ、ご心配なく。私の性癖は・・・もうおわかりかと・・」
男「・・・・・」
男「そうでしたね。じゃ冗談というか、ご主人を興奮させるためにも・・・」
携帯を握る手に汗が滲みます。

男「お子さん一人生まれてからですが・・・習い事再開しましたね・・そこで知り合った男かと・・」
習い事?でも女性だけが習うような習い事です。

男「40代だそうです・・・・」
男「そして・・・あの・・ご主人の友人?大学時代の・・・時々仕事でお家伺ったり、泊まったことも・・」
汗が流れました。
大学卒業後、3年ほどたって、時々仕事で来ていた友人です。
家にも数度泊めた記憶がありました。

男「お昼に家に行って、居間・寝室・玄関先・・・いろいろされたそうです・・・・」
私「そうですか・・・」
男「使われてますね・・・奥さん・・・」

妻を跨がせて、お互い性器を舐め合う私達。
赤黒い陰唇、その奥にはピンクの深い穴が見えます。
何度も見たはずの妻の秘部ですが、妙な気分です。

ここに10数本の男にものが入り、時には精液も注がれたはずです。
その中には私の友人まで含まれていたとは思いませんでした。
たくさんの男に抱かれていた妻、不思議と嫌悪感はありません。
いっそう愛おしくさえ感じます。
私を裏切っている妻、でも一人の女です。

狭い車内で男に責められる妻。
ボイスレコーダーから聞こえる2人の会話。
私の要望で男が妻を責めます。

妻「誰も来ないですよね・・・見てないよね・・」
何度も聞いた妻の言葉。

安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX(18禁)

男「大丈夫。奥さん、太いバイブ入れられて感じるでしょ?足上げて見えるように・・・」
妻「はい・・ああっ・・・恥ずかしい・・・奥まできてる・・・」
時おりモーター音が不規則な音を立てます。
きっと深く入れられ、動きが止まっているのでしょう。

男「奥さん、また聞かせてよ・・浮気話・・・旦那の友人と・・あれ凄く興奮するから」
妻「いや・・・ダメ・・なんでそんなことばかり・・・」
男「言いなさい・・これ抜くよ・・いいの・・」

妻「ああっ・・主人が留守の昼とか・・・・」
男「さぁ言って・・正直に・・ほら私の触りながら・・・玄関とかででしょ?」
妻「そう・・玄関で裸で咥えたり・・・鍵閉めて、外からは見えないから・・・」

男「いろんなことしたでしょ?されただろ・・・もっと・・」
妻「ああっ・・・少しSみたいな人で・・・いろいろ・・・」

男「どんなことを・・・さぁ・・」
妻「子供生んで暫くは胸大きくて・・・胸縛られて大きく・・されたり・・ああっ・・」
妻「立ったまま自分の指で開くよう言われて・・・・そして見てくださいって言わされたり・・・」
男「でも奥さんも、そんなこと好きじゃないの?ほんとうは・・恥ずかしいの感じるでしょ・・」

男「見てくださいって、言って・・・○○子の・・見てくださいって・・」
妻「ああっ・・・見てください。○○子の・・・○○○を・・・いやらしいところを・・ああっ・・凄い」
男「そうだね。素直にね・・・2人だけの秘密だから・・・」
妻「はい・・・・ああっ・・・・ああっ・・イクイク・・・・ああ・・」

男「奥さん、凄いよ。奥さんみたいな人が裸で大きなバイブ入れて・・・いいよ、いいよ・・」
妻「恥ずかしい・・・」
男「上だけ羽織って。口で出すぞ」
言葉が途切れます。
妻が男の股間に顔を埋めた証しです。

男の射精時に出る独特の低い声。
妻はしっかり受け止め、飲み干したことでしょう。

男「まだ時間大丈夫?」
妻「ええ、もう少し。4時までに車のところ帰ればいいです」
男「奥さんもいろんな男に開発されたんだ・・笑」
妻「もう・・・男の人ってそんなこと気になるの?」
男「まぁ独占欲じゃない・・笑。でその反面興奮かな・・笑」
まるで男は私のことを言ってるようでした。

男「奥さん、この前アナルしたでしょ?あれは初めてじゃないでしょ?」
妻「もう、そんなことばかり聞く・・・」
妻の少し鼻にかかった声、喘ぐ声。
男が妻を触りはじめたのでしょう。

男「使ったでしょ・・ここ・・」
妻「ああ・・はい・・主人の知り合い、そうお友達が・・・ここいつも・・」
男「奥さん、正直にね・・いつも?」
妻「若かったから、いつも3回。口、アソコ、最後はお尻で・・・スキンとヌルヌルしたもの持ってきてた・・」

男「旦那とはしないの?ここは?」
妻「ウ・・ウン、恥ずかしいし・・したことない・・・」
男「いやらしいね。旦那の知らない穴も他に使われ・・・」
妻「もう・・・・もう一回バイブでして・・・いい?」
男「じゃバイブ入れながら、口で・・・」

追伸・・
確かに妻と男を見たいです・・が・・無理です。
ホテルか車での行為、車でする場合も人気のない場所で、妻自身いつも「誰も来ない?見てないでしょうね?」ということですから、近づくことも無理です。
これが現実かと思います。
ビデオとかの隠し撮りも考えましたが、どうも無理です。

男を妻に差し向け、妻が抱かれるまでは長き道のりでした。
しかしいったん体を預けた妻は、男の前ではただの女。
自分の嗜好に酔いしれていったような気さえします。
印象に残った男との会話・・・を二つほど書いてみます。


一日体を空けた妻。
男と隣の県までランチドライブです。
まだ時間が早く、遠くに見えたタワーに登りました。
田んぼの真ん中にそびえるタワーです。
箱物行政の賜物でしょうか。

だれも居ないタワーの最上階。
下着を下ろさせ、スカートをあげて窓の外へ晒します。
眼下には駐車場の車が小さく見えて、周りは田んぼ、そして向こうには山が見えました。
前向きに晒す、後ろを向かせてアナルを晒す、恥ずかしい行為が好きな妻にはうれしい行為かもしれません。

しゃがませて咥えさせます。
地上高くでの行為です。
日本何大タワー?という写真が男の目の前にありました。

妻の口に飽きると地上に下がります。
誰も居ない敷地内の遊園地?というか遊び場。
小さな迷路みたいな建物の中に入ります。

そして妻を全裸。
平日の昼前です。
妻の手を壁につかせて、男は妻の臀部を開き突き刺します。
凄いスリルが2人を包み込みます。
たっぷりの精液を妻に注ぐまで時間はかかりませんでした。
そしてそのまま下着をはかせて洒落たランチを楽しみ、ホテルへと向かい、妻の体を楽しんだ男でした。

②早めにパートを終えて、離れたショッピングセンターへ向かう2人。
知り合いには会うことはないでしょう。

妻は男と打ち合わせたとおり、トイレでワンピース一枚になります。
ショーツもブラもはずし、店内を散歩です。

人気のない100円ショップで、商品を見るふりをしてしゃがませます。
男の目にはぱっくり開き、濡れた妻のアソコが晒されます。

ゲームコーナーの脇のベンチに座らせ、足を組み替えさせたりします。
恥ずかしがる妻の顔、でも底には喜び感じる妻がいます。
屋上の駐車場、監視カメラがないことを確認し妻の口を楽しむ男。
そして下着を着けずに家に帰る妻でした。

そんな妻と男の関係も終焉かと思われます。
男の出張が3月で終わりとなるそうです。
男は暇な出張中、妻を堪能したことをとても楽しい思い出としてとっておきますと言いました。

妻とはしばらくはメールでのやりとりはあるでしょうが、関係は切れていくことでしょう。
私のとっては少し寂しい気もしますが、始まりあれば終わりありです。
また、妻の隠された顔をうかがい知ることができたことも複雑ですが、よしとします。

スマホ連動 究極の膣トレ!マンネリ解消にも

城下町・お肴・タワー・これらのキーワードに思い当たるふしがあれば、そして男性を募集してましたら私かもしれません。
ご縁ありましたら・・・・また。

私の投稿を読んで頂き、またレスも入れて下さりありがとうございます。
妻を抱かせたい、浮気をさせたいと思い、実行から結果がでるまでは長い道のりでした。
ただ、いったん体を許した妻は転げ堕ちるように男に抱かれます。
そしてその過程で、女としての顔を知ることもできました。

複雑な思いですが後悔はしてません。
浮気経験がすでにあった妻。
しかも私の友人との関係です。
友人が私の妻の体を楽しみ、体の隅々まで見たと思うとつらい気もします。
でも興奮も覚えます。

レスの中で他のお話があればということですので、いくつか書いてみたいと思います。
妻と男は車、そしてホテルが多いようでした。
でも、私の感覚をくすぐったのは野外とかでした。

妻は男と関係ができてから、パートを早めに切り上げることもありました。
そんな時は、ホテルで男は妻の体を楽しむことが多いです。
しかし時には遠出?というか、有料道路を海沿いに走ることもあります。
そう、妻の恥ずかしがる感性を楽しむためでしょう。
男との電話の記憶。

左手には海が広がります。
男にとっては見慣れぬ綺麗な光景です。
そして車を有料道路から降ろし、海側へと走らせます。

街道には、うらぶれたドライブインや民宿の看板があります。
海沿いの公園に車を止めます。
平日の昼、誰もいない公園です。

まずは男は、車の中で妻の口を楽しみます。
時々妻の顔を隠す髪をかきあげて、妻の口から出し入れされる自分のものを確認します。
妻と目が合うと、妻は目を閉じて恥ずかしがるそぶりをします。

喉の奥まで入れたかと思うと、今度は舌先で男の先を綺麗にしていきます。
男の手は妻の細い体をまさぐり、乳首を強めにつまみます。
子供を2人生んだ大きな乳首、そんな乳首がさらに大きくなります。

妻は男のものを味わうように丹念に大胆に舐めます。
初めて男のものは口に入れたときは恥ずかしがり、ぎこちなさが目立ちましたが、もう女の本能として舐めるようになりました。

男は妻の顔を下半身からはずすと、妻の下着をはずしていきます。
そして外へ出て、海側に並べられたベンチへと向かいます。
ベンチに妻を座らせ、男はその前に立ちます。

妻の足を上げさせたり自分で開かせたりして、妻の恥ずかしい部分をしっかり見ます。
妻は、人が来ないかということだけが気がかりでした。

少し先に小屋?のようなものがあり、そこに移動します。
もちろん中には入れませんが、駐車場からは死角となる場所です。
男は妻から少し離れます。
妻はそこで全裸となります。
男の目が妻、そして駐車場と交互に向けられていきます。

妻の目の前は50メートル先は海。
反対に男の背中が海です。
興奮を男を包みます。
妻もでしょう。

そして妻に近づき後ろから挿入します。
全裸で外で妻の体を味わう男。
凄い濡れ方の妻です。
1分ほど挿入して体を離し、妻に衣服を着せます。

人の妻を自由に堪能できる男。
そして、それを拒むことのない妻。
車に戻り、妻の恥ずかしい部分を開き見る男。

充血して赤くなっている妻。
陰唇も興奮で腫れてるように見えます。
十数本の男のものが入れられたところです。
私の代わりに妻の男関係を聞き出します。

友人に鍛えられた妻の口。
出張のたび昼に来て、気軽に使われた妻。
玄関先で全裸で咥えていた妻。
私と寝ているベッドで妻を抱く友人。
とても興奮したでしょう。
そしてアナルさえも開発される妻です。

妻は男に言わされながら、手、バイブで責められていきます。
私が聞いたこともない卑猥な言葉も吐く妻です。

「チン○・・いいの・・チン○・・・たくさん入れられた・・・」
友人は妻を抱いた後、その晩私と寝る、私とSE○するように言ったそうです。
使用後の妻を知らずに抱いていた私です。

男と妻はうらぶれたホテルへ移動します。
すでに濡れた体の妻、バックから挿入して妻を責めていきます。
私の身代わりとしてです。

妻「見えてる?見えてる?入っているところ・・・」
妻「ここたくさん入れられた・・・主人は数人だと思ってるけど・・たくさん・・・」
妻「そう・習い事の・・・茶道の・・・新年とかの初釜では、着物でホテルへつれていかれて・・・」
妻「年上で・・・いい・・もっと欲しい・・3年ほど続いた・・・・たくさんされて・・・」
妻「安全な日は中で・・・・飲まされて・・・・」

男の詰問に素直に白状する妻。
そして自ら感じている妻です。
浮気相手だからこそ、正直に言えるのでしょう。

男「そう奥さん、これ好きだからね・・・もっと言いなさい・・」
男からは妻の背中、そして挿入部分が見えます。

使い込まれた妻のあそこを見ながら、腰を振ります。
やがて妻の大きな声。
そして男の腰が妻にしっかり密着して、精液が妻へと注がれていきます。
何人もの精液を受け止めてきた妻。
そんな妻を知らずに抱いてきた私。

妻から流れ出る自分の精液を見て、征服感に浸る男。
妻の細い背中がひくひく動き、汗がじっとりと背中を覆います。