【寝取られ漫画】みすでぃれくしょん(ひげなむち)

2021年9月16日

くすりエクスプレス

NTRスナイパーの皆様、こんにちは。
昔は本屋さんでこっそり買っていたエロ漫画が、いまはネットで気軽に買えて便利になった反面、レジが若い女性だった時のあの恥ずかしさを、今の若い人にも味わってほしいと思っている、コキュ太郎です。

さてさて本日は、ムチムチな絵柄で人気のひげなむちさんの作品から、「みすでぃれくしょん」をご紹介させていただきます。

こちらの単行本には11作品が掲載されているのですが、NTR物は一番最後の「えろばな」という作品だけですので、全体的にはNTR要素は薄めの単行本です。

ディープなNTRフェチの方には物足りないでしょうが、それでもひげなむちさんの絵柄が好きな方は見逃し厳禁です。

なんといっても、ひげなむちさんの描くムチムチの柔らかい肉感は、本当に揉んだ感触が伝わってきそうなリアルさで、ただただ巨乳でペラペラの絵しか描けない凡百の同人作家などとは格が違います。

どの作品も濃厚なエロスが感じられ、とても満足度の高い一冊でありました。

作品紹介

「クレバー・クレバー」

物事をなんでも分析的に捉える女子学生。
彼女は、最近クラスの女子の間で話題に昇ることが多い”男”に興味を抱いた。

「…男」
「霊長類ヒト科ヒト族ヒト属ヒトのうちXY染色体をもつもの」
「私たち女と対になる性」
「少し興味は出てきたかもしれない」

さっそく男について知ってみようと思った彼女は、クラス一のヤリチン、田中くんに声をかける…

みすでぃれくしょん(ひげなむち)

「クズシアイ」

ワガママお嬢様のお遊びで、やってもいない痴漢の罪を着せられた男の復讐劇。
まずはお嬢様の取り巻き2人を徹底的に凌辱し、次に狙うはワガママお嬢様。

「近いうちに『園宮さま』も含めた3人」
「全員平等に俺の女にしてやるよ」

みすでぃれくしょん(ひげなむち)

「みすでぃれくしょん」

強豪の女子バレー部でレギュラーのトップを務める村崎。
トップで居続けてプロチームに入りたい村崎は、そのために監督に身体を差し出していた。

ずっと生ハメを拒絶し続けていた村崎だったが…

「俺はお前と生でハメたい」
「村崎ィ…お前だってそうなんだろ?違うか?」

「それはっ…そ…の…」
「…まあいい、それならお前はお役御免だ」
「レギュラーからも外れてもらおう」

卑劣な監督の要求に村崎は……

みすでぃれくしょん(ひげなむち)

▼続きはこちら

みすでぃれくしょん

NTR大魔神コキュ太郎の一言

NTR話は、いちばん最後の作品の「えろばな」です。

プラトニックな交際を続けていた彼女の「ユキっち」は、外では経験豊富な女を装っています。
本当は処女だということがバレてしまうのではないかと恐れた彼女は、彼氏に迫りますが、彼氏はまだ早いと拒絶。
やけになった「ユキっち」は、ひとり夜の街に繰り出します。

といった内容で、なかなかのエロさでした。
NTRフェチの方は充分にチンピクできる作品だと思います。

単行本全体ではNTR要素は薄いものの、どの作品もひげなむちさんの絵柄も相まって、非常に満足度が高い出来となっていました。

コキュ太郎

ひげなむちさんの絵柄は非常に味があるのぉ。

エロシーンの描写も濃厚なので、ヌキモクにはピッタリの作品じゃ。

この絵柄が気に入った方は、ぜひ一度手に取ってみてもらいたい。
コキュ太郎イチオシの作家さんですぞ。

↓ご購読はこちら
みすでぃれくしょん