【寝取られ体験談】母から女に変貌していく妻4

2021年10月21日

くすりエクスプレス

▼前のお話

妻の言葉に興奮が抑えられなくなった私は、荒々しく妻に襲い掛かりました。
妻に挿入すると、江崎の巨チンに散々使われたオマ〇コにガバガバ感は無く、普段の妻の蜜壺でした。

「あぁ・・・パパ、いい・・・」
「江崎の方がいいんじゃないのか?」
「パパがいいの。あぁ~~、パパ~~、逝っちゃうよ~~」

その瞬間、私は妻の蜜壺からガチガチに張り詰めたペニスを抜きます。

「あぁ~~ん、パパお願いぃ~~、もっとしてぇ~~」

淫らに男の肉棒を求める妻の姿は、今までの妻とはまるで別人のようです。
顔を真っ赤に紅潮させ、眉間にシワを寄せながら哀願する妻。

その姿は、本能むき出しで発情しているメスそのもの。
変わり果てた妻の姿に、私の内面を興奮と嫉妬が支配していきます。

「俺のより、江崎のコブラが欲しいんだろ?」
「いやぁぁぁぁ~、そんな意地悪言わないでぇぇぇ~~、それより頂戴!パパお願い!」

蕩け切った妻のオマ〇コに再びペニスを挿入すると、妻は一瞬で昇天。
そんな妻を見て無茶苦茶に穢してしまいたくなった私は、猛烈なピストンを打ち込みます。

「あぁ~~、これいいのぉ~~、逝くぅぅぅ~~」
「あぁ~~、ダメぇ~~、許して~~」

「いったん江崎のコブラチ〇ポ味わったら、こんなにスケベになるんだ。まゆみはチ〇ポ狂いの淫乱だな!」
「ダメ!いわないで~~」

「まだ江崎のコブラの感触が残ってるんだろ?まゆみ、江崎とのこと思い出してみろよ」
「うぐぅ~~、あぁぁぁぁ~~、言わないでぇ~~」

「江崎にはどこに出されたんだ?オマ〇コか?」
「あぁ、言えないぃ~~、パパぁ~~、また逝くぅぅぅ」

私は妻に本当のことを白状させるため、激しいピストンを続けます。

「まゆみ!何処に出されたんだ?中に出されたのか!」
「中に欲しかったのぉ~~」

「オマ〇コの中に出されたんだな!!」
「あぁ~~ん、出されてないぃ~~」

「嘘付くな!」
「嘘じゃないのぉ~~、あぁ~~、パパ、私、変になっちゃう」

「江崎のチ〇ポに中出しされたんだろ!言ってみろ!まゆみ!」
「だめぇ~~、いくぅ~~」

妻は激しくイキながら私の首に腕を巻きつけると、唇に吸い付いてきます。
ここで終わりにするわけにはいきません。
妻への尋問を続けます。

「どこに出されたんだって、聞いてるだろ!」
「どこに欲しいんだって聞かれたから・・・あぁ~~、また逝きそう、パパ、もっと突いて!」

「あぁ~~、パパ~~、何処に欲しい?って聞かれたから、中は辞めてって言ったぁ~~、あぁ~~、いい~~」
「どこに欲しいって言ったんだ?」
「あぁ~~、気持ちいいぃぃ~~、飲ませてって言ったの!江崎さんの精子!お口で飲ませてって!あぁ~~、いくぅぅぅ~~」

妻の言葉を聞いたその瞬間、私は瞬時に絶頂を迎え、愛液でドロドロのペニスを妻の口に押し込みました。
そして大量の精液を、妻の喉の奥にぶちまけます。

それをゴクゴクと飲み干し、亀頭に吸い付くようにして残りの精液も一滴残らず飲み干した妻。
その時の妻は、満足そうなうっとりとした表情でした。

きっと江崎のコブラも、愛おしそうに舐めていたのでしょう。
たった一度きりなのに、妻は江崎の巨根で淫乱な本性を目覚めさせられてしまったのです。

「江崎と、またしたいか?セックス?」

激しく絶頂した妻は、ぐったりとして無言のまま、スースーと小さな寝息をたてて眠ってしまいました。
妻が寝返りをうつたびに、プルンと揺れる乳房。

いま目の前にある、この魅力的な乳房を江崎は鷲掴みにして揉みしだき、乳首をしゃぶり、吸い付いて、思う存分味わい尽くしたのでしょう。
そして妻のオマ〇コを嘗め尽くして蕩けさせ、江崎はコブラのような巨根で妻を味わったのです。

腹立たしさと空しさ、それ以上に妻への愛しさが私の胸を締め付けます。
私はそっと横に寝そべり妻を優しく抱擁すると、妻も私に抱きついてきました。

「まゆみ?結婚してから初めての、他の男とのセックス、どうだった?」
「・・・」

「パパ、ホントに他の人とセックスしてもよかったのかな?」
「まゆみは後悔してるのか?江崎のことは俺達夫婦の道具って思ってほしいんだけど・・・」

「道具?」
「あぁ、江崎には俺達夫婦のカンフル剤であって欲しい」

「私はね、そんなに割り切れない・・・」
「割り切れない?どうして?」

「夫婦のエッチの刺激の為にっていっても、私は純粋にエッチだけを楽しむことはできないかも・・・」
「もしかして、江崎を好きになったってことか?」

「・・・」
「そうなんだ、俺と比べてる?いろんな意味で」

「ううん、比べたりはしてないよ、パパは大好きだし。けど、江崎さんも・・・」
「俺以外の男を意識しだしたってことだろ?」

「うん、好きになりそうかな、江崎さんのこと・・・」
「向こうは、まゆみとエッチしたいだけかもしれないぞ?」

「わかってるよ。けど、パパと付き合い始めた頃みたいにウキウキしちゃうの。不思議なくらいに・・・」
「俺より江崎の方が好きになったら、どうするんだ?」

「それはないと思う。パパの所に戻ってくると安心するから」
「それは単に、長い付き合いだからじゃないのか?」

「違うよ。今日パパに抱かれて、凄く愛してるって思ったもん・・・」
「けど、江崎を好きになりだしたんだろ?」

「好きになっても、いいのかな・・・」
「まゆみが、俺を一番だって思ってくれる事を祈ってるよ」

「祈らなくってもパパが一番だよ。抱かれながら本当にそう思ったもん・・・」
「江崎を思い浮かべながら?(笑)」

「けどね、あんなに寂しそうな眼をしたパパは初めてだった・・・」
「そんなに寂しそうだったかな?」

「うん、パパがこんなに寂しそうにしてるのに、私は江崎さんとエッチしちゃったんだって思うと、変な気持ちになっちゃうの」
「パパ、もう1回抱いて・・・」

夫に貸し出しされて大勢の男達に中出しされる(みずきさん)

妻は小さくうなだれた私のペニスを手に取り、愛おしそうに舐め始めました。

「まゆみ、江崎とは1回だけだったのか?」

大きくなりだしたペニスを咥えながら、首を横に振る妻。

「2回したんだ?」

ねっとりとペニスをしゃぶりながら、コクリと頷く妻。

「江崎が求めて来たのか?」
「終わってすぐに、シャワーを浴びに行ったの」

「まゆみが?」
「うん、終わった後に一緒にいるのが恥ずかしかったから、すぐにお風呂に行ったの」

「シャワーを出ようとしたら、そこに江崎さんがいて抱きしめられた」

そう言うと妻は、ガチガチになったペニスに手を添えて、腰を降ろしながらトロトロの蜜壺に誘導。
妻の濡れそぼった膣壁の、温かく、ヌルッとした感触。

「それからどうしたんだ?」
「キスされて、それから、抱きかかえられて・・・」

妻は眼を閉じて、ゆっくりと腰を動かしながら告白を続けます。

「大きな鏡のあるドレッサーの上に座らされて・・・あぁ、パパ、気持ちいい・・・」
「そこで脚をいっぱいに開かされて、江崎さんが私を見上げながら股間に顔を近づけてくるの、あぁぁぁ・・・」

「見てごらんって言われて、ゆっくり眼を開けたら、あぁ~~ん」
「私を見つめながら、江崎さんがアソコに吸い付いてるの、厭らしい、舌で、あぁぁ、パパ、いい・・・」

「恥ずかしい格好で、江崎にオマ〇コ舐められたんだな?気持ちよかったか?」
「うん、気持ちいいの、見つめられて舐められて、江崎さんが私のアソコ舐めてるのが見えて、あぁぁ・・・」

妻の動きが激さを増し、私の先端が何度も妻の子宮口を突き上げます。

「あぁぁ、パパぁ~~、奥がいいのぉ・・・」
「江崎にオマ〇コ舐められて、逝ったのか?」

「うん、逝ったよ、何度も何度も・・・」
「それから?」

「あぁん、指を入れられたの、それも見てごらんって言われた・・・」
「見たんだな?江崎に指を突っ込まれたオマ〇コ?」

「うん、最初は1本で、そして、あぁん、パパ逝きそう・・・」
「何本入れられた?」

「3、本、あぁぁぁぁ~~、パパ逝くぅぅぅ・・・」
「パパ、3本入れられた、パパは2本なのに・・・」

妻は大きく仰け反りながら私の上で逝き、私の胸に倒れこんで来ます。

「いつも痛がるからだろ?痛くなかったのか?」
「気持ちよかったよ。あぁ、それから、いっぱい出ちゃったの・・・」

「出ちゃったんだ?逝きながら?」
「うん、潮吹きっていうの?始めて出るところ見た。あぁ、また変になっちゃうよ・・」

「いっぱい出たのを、江崎さん、アソコを頬張りながら、チューチュー音をたてて吸うの・・・」
「見てたら頭が真っ白になってきて、また逝ったの・・・」

「あぁ~~、パパぁ~~、いいぃぃ~~」
「それから何をされた?まゆみ思い出すんだ!」

「江崎さんが立ち上がって、コブラがいたの。上下に動いてた、凄くエッチだったの・・・」
「触ってみてって言われて、触るとピクピクって動いてたの。あぁ~ん、ダメ、パパそんなにしないで、また逝っちゃうよ」

「それで?」
「あぁぁぁ、江崎さんのコブラ咥えたの。そしたら頭抑えられて・・・」

「喉の奥まで入れられたんだな?」
「うん、大きくって、苦しくって。けど、それで私、自分の指で・・・あぁぁぁぁ、パパ、変なの私・・・」

妻の刺激的な告白に、もう堪らなくなった私は妻を仰向けに押し倒し、両脚を肩に乗せて拷問のようにピストンを打ち込みます。

「あぁぁ、気持ちいいよぉ、パパぁ~~」
「自分の指でしたんだな?」

「うん、我慢できなくって、あぁん、淫乱な変態みたいに。ゆるして、パパ」
「まゆみは淫乱なんだ?他の男とエッチすると、淫乱な変態になるんだ!」

「江崎に巨チンしゃぶらされながら、淫乱なスケベマ〇コ触って逝ったんだ!」
「はい、逝きました・・・」

『はい、逝きました・・・』まるで、すっかり調教され尽くしたマゾ奴隷のような妻の言葉。
この短期間で、妻の淫乱なマゾ女の本性を引き出してしまうとは、江崎という男は、いったいどんな男なのでしょう。

【NTR】人妻さら・アナルも拡張中❤️ 他人棒様とラブラブ生エッチ見せつけ❤️

「江崎の巨チンを咥えながら、自分で淫乱マ〇コ触って逝ったんだな!」
「逝きました!スケベマ〇コ弄りながら、何度も逝きました!あぁ、もう許してください!」

もともと恥ずかしがりやで、エッチに消極的だった妻。
そんな妻が、卑猥な言葉を平気で口にする淫乱なマゾ奴隷に。
私は妻に申し訳ないような気持ちになり、妻の蜜壺からペニスを抜き取りました。

「まゆみ、ごめんな・・・」
「パパ、どうしたの?」

「興奮するんだけど、まゆみの変わりようにビックリしたから・・・」
「えっ?どうしてそんなこと言うの?私は今までと変わってないよ」

「うん、変わってないな。俺、少し変なんだよ・・・」
「そうだよパパ、私はパパを一番愛してるよ」

妻の内面と肉体に訪れた変化。
江崎によって暴かれた、妻の淫乱なM奴隷の本性。
そのことに、妻自身が気付いていないのです。

「パパ、もうお終い?」
「うん、ごめん、少し疲れたよ・・・」
「そっか、パパ激しかったからね。じゃあ、一緒にお風呂入ろうよ」

妻は私の手をとり風呂場へと。

「おいおい、あいつら起きてきたらどうするんだよ」
「いいじゃない、夫婦なんだから。だから一緒に行こ」

風呂場では、妻は優しく身体の隅々まで洗ってくれます。

「はぁ~い、パパ綺麗になったよ。気持ち悪いところない?」

その時の茶目っ気いっぱいの妻は、昔から知っている私の妻でした。

「まゆみ、ありがとな」
「もぉ~、何よぉ~、パパったらそんなこと言って。はいはい今度は頭洗ってあげるね」
「はい、できましたよ、終了です」

私は先に風呂場を出て寝室に入り、ベットで横になっていると、バスタオルを身体に巻いた妻が入ってきました。

「あぁ~気持ちよかった。パパ?もう寝た?」
「寝てないよ」

ドレッサーの前で顔のお手入れをしていた妻が、鏡を覗き込むようにして呟きます。

「あぁ~、若い頃に戻らないかなぁ~、鏡見るたびにぞっとしちゃう。ジムに通っても肌は若くなんないのよねぇ~」
「十分若くなったよ、まゆみは」

「そっかなぁ~、パパがそう言ってくれるだけで嬉しいよ。頑張った甲斐があったね」
「ところでさぁ~」

「何?」
「江崎と、次はいつ会うの?」

「え?どうしてそんなこと聞くの?」
「うん、約束でもしてるのかなって思って」

「約束なんてしなくても、スポーツクラブで会うよ」
「いや、そういう意味じゃなくってさぁ~」

「あぁ~、デートするってこと?」
「うん」

「江崎さんは、また逢いたいって言ってたけど・・・」
「まゆみは?」

「パパが嫌なら行かないよ」
「別に嫌じゃないよ」

「本当に?」
「あぁ、本当」
「じゃあ、遭ってこようかなぁ~」

私は本心では、妻にもう江崎に抱かれてほしくないという気持ちもありました。

『妻は江崎の巨チンで、どこまで淫らなオンナに調教されるんだろう?』

しかし私の中では、そのような好奇心と興奮のほうが勝ってしまったのです
私の頬に軽くキスをし、隣で横になった妻が私の耳元で囁きます。

「パパ、しっかりと私のこと捕まえていてね・・・」

しばらくは平穏な日々が続きました。
そんなある日、私は立ち寄ったコンビニで、たまたま江崎を見掛けたのです。

一瞬で高鳴る私の鼓動。
こいつが妻を淫乱なオンナに・・・湧き上がる嫉妬の情念が伝わったのか、江崎が私に視線を向けました。

年上のお姉さん彼女を他人棒にぶち込ませては刺激にしている変態NTR彼氏 変態カップルエロ他人棒動画【個人撮影】

向こうは私の事は知らないはず。
私は以前スポーツクラブの前で見掛けたので知っていましたが、江崎は不思議そうに私を見ます。

よくよく見るとメタボなおっさんなどではなく、歳の割にはカッコいい、ちょい悪オヤジっぽい風体。
妻がメロメロになってしまうのも無理はない。

私の中に嫉妬心と対抗心がメラメラと燃え上がり、今にも殴りかかりそうな気持ちに。
私はどうしても江崎と話がしたくなり、コンビニを出た江崎の後を追います。

「すみません」
「何か?」
「突然申し訳ありません。わたくし、まゆみの夫ですが、まゆみをご存知ですよね?」

私の問いかけに江崎は顔を引きつらせ、緊張した面持ちで答えます。

「はい、スポーツクラブでご一緒させていただいておりますが・・・」
「以前、妻の携帯にお電話頂いた方ですよね?」

「あぁ・・・はい、そうです」
「少しお話しよろしいですか?妻のことで」
「はい・・・」

江崎はかなり動揺しているのか、おどおどとした様子。
道を挟んだ向かいのファミレスに、江崎と一緒に入りました。

「妻が、いつもお世話になっているようで」
「あ・・・はい、こちらこそお世話になってます・・・」

「私がどうして声を掛けたか、もうお解かりですよね?」
「え?・・・あ、はい・・・」

「貴方は、妻をどうしたいのですか?」
「・・・申し訳ありません」

「申し訳ありません?なぜ謝るのですか?」
「いえ・・・あの・・・」

妻が江崎を好きになるのも、なんとなく理解できます。
妻とのことで開き直るような様子も無く、動揺しながらも誠実さが感じられる男でした。

「以前から、あなたが妻を口説いていることは知っていました」
「そうでしたか、本当に申し訳ありません・・・」

「どうして妻を誘うのですか?」
「え?奥様はとても素敵な女性ですから・・・食事でもご一緒させて頂けたらと思いまして・・・」

「はぁ?妻は既婚者ですよ?」
「はい、申し訳ありません。ただ、この歳になってお恥ずかしいですが、あまりに奥様が素敵だったもので、一度お話したくて誘ってしまいました・・・」

「食事だけじゃないでしょ?」
「えっ!」

「妻から全て聞きました」
「そうですか・・・」

「はい。それで少しお話がしたくて、声を掛けさせていただきました」
「申し訳ありません・・・」

「過ぎてしまったことは仕方ありません。これからどうするかですよ」
「はい、もう二度と奥様の前には現れませんので・・・」
「それも困るんですよ、私達夫婦には」

江崎は私が何を言っているのかと、拍子抜けした表情。

「妻とは今までどおりで結構です。妻がその気ならそれでいいと私は思っています」
「・・・」

「ただ、あなたには割り切って妻と付き合って頂きたいのです」
「はい・・・」

「あなたには、私達夫婦の刺激のための黒子になって頂きたいんです」
「あのぉ、仰る意味がよく解らないのですが・・・」

「妻と付き合ってもらって結構ですが、妻を本気で自分のモノにしようとして、私達夫婦の関係を壊さないようにして貰いたいのです」
「はい、それは十分に解ります。ただ奥様とお付き合いしてもいいという意味が・・・」

「妻がそうしたいのでしたら、あなたと体の関係を続けてもいいと私は思っています」
「はい・・・」

「とにかく、私があなたと話したことを妻には内緒にしていただきたいのと、今まで通りに妻と体の関係を続けて頂くのも構いません」
「もし妻があなたに対して本気になるようでしたら、あなたから突き放していただきたいのです」
「はい・・」

釈然としない様子の江崎でしたが、今後江崎が妻に対してどう出るのかを見極めることにします。
妻が江崎に会いたいと言い出したのは、私が江崎と話して2日後の事でした。

貴方の彼女さんをお借りします。(37人の男達で共有!?)

▼次のお話